FullSizeRender








「最近は、キャンプブームということもあり、いろいろなブランドから焚き火台が発売されています」



新規のブランドも増え、ますます焚き火台選びには迷います。


FullSizeRender









昔から今も、焚き火台で人気がある商品は変わっていません


ユニフレームのファイアグリル・スノーピークの焚火台・コールマンのファイヤーディスクが、昔から今も人気があります。


FullSizeRender









最近、ステンレス製の薄い焚き火台も流行っており、ピコグリル・Tokyocampの焚火台・マクライトがそうです


マクライトは、我が家も便利に使用しています。


FullSizeRender

FullSizeRender














今回紹介するスノーピークの焚火台SRは、今流行りの焚き火台ではありませんが、今じわりと売れ出している商品


焚火台SRは、2021年に発売された焚き火台なので、まだまだそれ程世間には浸透していない感じがします。


FullSizeRender









焚火台SRは、スノーピークから発売されている商品


スノーピークからはロングセラー商品の焚火台が発売されており、焚火台SRは、スノーピークから発売されている2台目の焚き火台となります。


FullSizeRender









そんな焚火台SRですが、同じスノーピーク製の焚火台みたいに、ロングヒット商品になるのか?


焚火台SRのメリットデメリット、実際に見て触れてきた感想を詳しくブログで紹介したいと思います。









2020011652









お気軽にフォローして下さいね^^

Instagram









*タイトル
スノーピークの焚火台SR


FullSizeRender









焚火台SRは、脚パーツ2つ・ベースプレート・本体からなっており、それぞれをバラして収納するので、とてもコンパクト


FullSizeRender









組み立ては、本体に脚パーツ2個を取り付け、開き防止にベースプレートを取り付けたら完成


はじめは、少しの戸惑いはあるかもしれませんが、とても簡単で短時間で組み立てや収納ができます。


FullSizeRender









組み立て片付けが簡単で、持ち運びが楽というのも焚火台SRの良い所


FullSizeRender









焚火台SRは、オールステンレスになっており、厚みが1.5mm


1.5mmといえば、同じスノーピーク製品の焚火台が1.5mmなので、スノーピークの焚火台と匹敵するくらいの厚みがあります。




その分重量が4.3kgと、持つとずっしりとした重さがあります。


FullSizeRender









焚火台SRは、385mmと絶妙な高さ


椅子の座面の高さがちょうどそのくらいなので、椅子に座って焚き火をすると、焚き火がとてもやりやすいです。


FullSizeRender









焚火台SRは、逆三角形の形をしており、大きな薪を入れる場合は、工夫が必要


市販の薪はまっすぐに入らず、入れる時は斜めになってしまいます。


FullSizeRender

FullSizeRender










焚火台SRは、割とこじんまりした焚き火台


薪を3本ぐらい入れると満タンになってしまうので、ソロやデュオキャンプ向き。




焚き火台の周りを囲んでするようなサイズではないので、ファミリーキャンプには向きません。


FullSizeRender









焚火台SRには、通気口と三角のスリットがあり、常に空気が入れ替わるので、薪がよく燃えます


FullSizeRender









空気の循環がよく、薪かよく燃えるので、焚き火の炎がとてもきれい


FullSizeRender









焚火台SRには、底に薄い板のベースプレートを付けるので、組み立てる時はそれをセットします


FullSizeRender

FullSizeRender









そのベースプレートが、とてもいい役割をしてくれます


ベースプレートが、焚き火の熱さをシャットアウトするので、地面の芝を痛めない。


FullSizeRender








ベースプレートがあることで、灰が地面にそのまま落ちない


FullSizeRender









「焚火台SRを紹介するスノーピークの公式ホームページにも記載されていますが、焚き火の熱で三角のスリットが膨らむ場合があります


FullSizeRender




焚き火をしていて、いわゆる歪みが三角のスリットに生じる場合がありますが、使用していて特に問題はありません。









焚火台SRは、焚き火をしたりグリルとしても使える優れもの


別売りの焼アミステンレスハーフ Pro.を購入すれば、網焼きをすることも可能。


FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

















「専用の鉄板もあり、グリルプレートハーフ深型を購入すると鉄板料理が楽しめます


グリルプレートハーフ深型は、厚さ2mmの黒皮鉄板を採用しており、焼き物が美味しくできます。


FullSizeRender
















網は高さ調整はできませんが、本体に直接のせることができます


炭で網焼きされる場合、通常の使い方だと距離が遠くなるので、網は直接本体にのせて下さい。


FullSizeRender









収納ケースも付属しており、こちらはポリエステル生地になっています


FullSizeRender









厚さ1.5mmの本体は、とてもしっかりとして丈夫


スノーピーク商品ということもあり、全体的に丈夫でしっかりとしたつくり。


FullSizeRender









組み立て式なのに、すごく安定感もあります


FullSizeRender









焚火台SRには、デメリットよりもメリットが多い焚き火台


値段は、1万6千円と割としますが、長く使えることを考えたら購入して損はないと思います。


FullSizeRender









焚火台SRは見た目がよく、しっかりとした焚き火台だと思いました


FullSizeRender
















まとめ


FullSizeRender









焚火台SRは、スノーピークから発売されている焚き火台。


スノーピーク製品だからこそ、安心して購入がてきます。


焚火台SRは、サイズ的にもソロやデュオで使うのにちょうどいいサイズ。


焚き火台をバラすことにより、とてもコンパクトに収納できるので、ソロやデュオキャンプで使うのに便利。


価格は1万6千円程しますが、長く使うことを考えると損はないと思います。


以上、「徹底レビュー!スノーピークの焚火台SRのメリットとデメリットを詳しくブログで紹介!」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check! 































このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック