FullSizeRender








「年間50泊程、キャンプをする我が家



真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。


FullSizeRender








1年を通してキャンプに行っていると、過ごしやすい季節と過ごしにくい季節がわかります


FullSizeRender









1年で最も過ごしにくいのが、夏のキャンプ


平日だと1日を通して暑く、夜も熱帯夜になります。




キャンプをしていて不快に感じるのが、夏のキャンプ。


FullSizeRender









1年で最も過ごしやすいのが、春や秋のキャンプ


真夏程気温が上がらず真冬程寒くならないので、重装備でキャンプをしなくても快適。




焚き火だけでも暖を取れるのが、春や秋のキャンプ。



FullSizeRender









焚き火を楽しめるので、焚き火好きにはたまらない季節


我が家は焚き火をするだけに、キャンプに行くこともよくあります。


FullSizeRender









真冬のキャンプは、過ごしにくいと思われがちですが、しっかりとした装備をすれば自宅にいるより快適に過ごせます


2021101701 (32)









寒い季節、より快適にキャンプで過ごすなら電源サイトがおすすめ


我が家も寒い季節は、電源サイトをよく利用します。


FullSizeRender









今回は、年間50泊キャンプに行く我が家が、電源サイトの使い方を詳しくブログで紹介したいと思います。









2020011652









お気軽にフォローして下さいね^^

Instagram









*タイトル
電源サイトの使い方


FullSizeRender









電源サイトは、電化製品を使うことができるので、自宅にあるものを持っていかれると思います


注意してほしいのが、サイトの消費電力。


FullSizeRender









キャンプ場は、使用できる最大消費電力が決められており、1000W(10A)〜2000W(20A)が一般的


決められた消費電力以上消費すると、ブレーカーが落ちる可能性があるので気をつけて下さい。




夜にブレーカーが落ちてしまうと、ブレーカーの場所が分からず困ることがあるので、消費電力には注意する必要があります。


2018020526




2畳のホットカーペットは、500W程の消費電力

3畳用のホットカーペットだと740W程の消費電力









消費電力が低いキャンプ場だと、ホットカーペット+電化製品が難しい場合があるので、不安な場合は一度利用するキャンプ場に問い合わせてみて下さい


FullSizeRender










延長コード



電源サイトを利用する場合、コンセントは外にあるので、延長コードを利用して幕内にコンセントを取り込む必要があります


2018010801









延長コードは、屋内用と野外用があるって知ってましたか?




電源サイトのコンセントは外にあるので、屋内専用の延長コードを使用すると、雨が降った時や踏みつけたりしたら危険









キャンプで使用される場合は、野外専用の延長コードを使って下さい


我が家は、10mの1500Wの延長コードを使用。


2018010805




1500Wは、使用できる電力が1500Wまで使えるということ









消費電力が大きい電化製品でも大抵1500W以下なので、延長コードは1500Wを購入しておけば問題ないと思います


延長コードが10mあれば、テントから野外コンセントまで電源を取るのに十分。


2018010804









我が家は、10mの1500Wの延長コードを使用しています


2018010805

























ミニセラミックヒーター


電気サイトでおすすめの電化製品は、ミニセラミックヒーター



ミニセラミックヒーターは、コンパクトなので持ち運びやすく車の積載にも便利。




消費電力も500W〜700Wなので、2個使うことができます。


2018102401









ミニセラミックヒーターのメリットは、一酸化炭素が出ないこと


一酸化炭素が出ないので、一酸化炭素中毒になることはありません。




テント内を締め切った状態でミニセラミックヒーターを使うことができるので、かなり暖かいです。


2021101701 (43)









春や秋のキャンプならそれ程気温も下がらないので、ミニセラミックヒーター2個で十分に快適


ミニセラミックヒーターを付けて寝ると、かなり暖かいですよ。


2021101701 (42)

























ホットカーペット


キャンプで使う最強の暖房器具といえばホットカーペット


ホットカーペット使うと、真冬のキャンプでもナンガなどのダウンシュラフは必要ありません。


2019012601 (2)









化繊の分厚いシュラフで十分


3019092302









ホットカーペットのサイズは、2畳用が200×200cm・3畳用が200×250cm


2〜3人用のテントなら2畳用、4人用のテントなら3畳用のホットカーペットを目安に使用して下さい。


2019012601 (3)



















カセットガスストーブ


「電源があるサイトでもないサイトでも、カセットガスストーブがあればとても便利



キャンプで少し肌寒いなという時、カセットガスストーブがあれば、かなり重宝します。




カセットガスストーブは、一酸化炭素が発生するので、換気をすれば幕内で使用することもできます。


FullSizeRender








燃料はカセットボンベで、カセットボンベ1本て約3時間程使うことができます


燃料がカセットボンベなので、電源がないサイトでも使えかなり手軽。




カセットガスストーブ1台あれば、キャンプで重宝すると思います。


FullSizeRender

FullSizeRender









我が家は、センゴクアラジンのカセットガスストーブを使用


3019111701

























カセットコンロで有名な、イワタニからもカセットガスストーブが発売されています


FullSizeRender























まとめ


FullSizeRender









キャンプで、快適に過ごすなら電源サイトがおすすめ。


電源サイトは、自宅で使っている電化製品を使うことができます。


電源サイトでおすすめの電化製品は、ホットカーペットとミニセラミックヒーター。


ホットカーペットは、キャンプで使う最強の電化製品と言われており、かなり暖かいです。


ミニセラミックヒーターは、一酸化炭素が発生しないので、テント内で締め切って使用できます。


春や秋のキャンプなら、ミニセラミックヒーター2台あれば暖かく快適。


我が家も電源サイトでは、ホットカーペットやミニセラミックヒーターを使用しています。


以上、「絶対注意!キャンプの電源サイトの使い方!年間50泊キャンプに行く我が家が詳しくブログで紹介」でした


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check! 

































このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック