FullSizeRender








「最近は、キャンプブームということもあり、キャンプをされる人口がかなり増えてきました



以前は少なかったオフシーズンのキャンプ場も、最近はたくさんの人が来られています。




高規格なキャンプ場だと、寒い季節でも予約がいっぱいで、かなり混んでいる時がほとんど。


FullSizeRender









寒い季節にキャンプをされない方は、冬のキャンプは寒くて過ごしにくいと思われがちですが、しっかりとした装備をすれば快適に過ごせます


キャンプサイトは電源があるサイトと、電源がないサイトがあり、それぞれ装備が変わってきます。


FullSizeRender









電源サイトでは、キャンプで最強の暖房器具、ホットカーペットが使用できます


2019012601 (3)









電源がないサイトでは、湯たんぽをメインに使用すると、暖かく就寝することが可能


2017111301









今回は、冬キャンプに就寝する時、何を使ったらいいのか?


年間50泊キャンプに行く我が家が、詳しくブログで紹介したいと思います。









2020011652





*タイトル
冬キャンプで寝るときの暖房


FullSizeRender









寒い季節、寝る時の暖房器具は、電源があるサイトと電源がないサイトでは違ってきます


202201161 (79)









電源があるサイトは、電化製品が使えるというメリットがあり、自宅で使っている暖房器具が使用できます


ただ、電源なしサイトに比べて電源があるサイトは、電気が使えるということで、その分キャンプ場の利用料金が高いというデメリットもあります。




手軽な利用料金でキャンプ場を利用したいなら、電源がないサイトがおすすめ。


2021123102 (1)









電源がないサイトは、電化製品が使えないので、湯たんぽがメインの暖房器具になってしまいます


湯たんぽは、お湯を入れると暖かくなるので、電源がないサイトで、かなり重宝すると思います。


2020013009 (5)










電源サイト


FullSizeRender






ミニセラミックヒーター


「電源サイトのメリットは、自宅で使用している暖房器具が使えること



熱源を電気にすると、一酸化炭素が発生しないので、暖房器具を付けたまま寝ることができます。




我が家は真冬のキャンプ、就寝する時に、ミニセラミックヒーターを付けて寝ます。


2021101701 (41)









ミニセラミックヒーターは、ファンヒーターみたいに暖かい風が出てます


ファンヒーターと違う大きな点は、一酸化炭素が発生しないので、テントを換気する必要がありません。テントを閉めて就寝できるので、とても暖かいです。




我が家はテント内を、より暖かくする為に、セラミックヒーターを2台使用しています。


2021101701 (40)









ミニセラミックヒーターが2台あると、真冬のキャンプでも暖かく過ごせます


こじんまりしたサイズのミニセラミックヒーターは、2台持ち運びしても荷物になりません。




冬キャンプで寝る時の暖房器具に、ミニセラミックヒーター2台はおすすめ。



2021101701 (37)

























ホットカーペット


キャンプで最強の暖房器具といえば、ホットカーペット


電源があるサイトで、ホットカーペットを使用されている方は、かなりたくさんおられると思います。




我が家もホットカーペットは、冬の電源サイトでよく使用します。


FullSizeRender









ホットカーペットを使用すると、自宅にいるよりも快適


我が家は、自宅ではホットカーペットを使用してませんが、キャンプ専用にホットカーペットを保有しています。




我が家みたいに、自宅で使用しなくても冬キャンプに1枚持っておくと、とても暖かく過ごせます。


FullSizeRender









ホットカーペットは、メーカーによってサイズがさまざま


一般的なサイズは、下記の通り。




2畳用:176×176 cm

3畳用:195×235 cm









使用されるサイズの目安として、2人用のテントなら2畳用のホットカーペット


4人用のテントだと3畳用のホットカーペットが使いやすいです。




我が家は、そのようなサイズ感で使用しています。


2021101703
























ホットカーペットを使用すれば、真冬でもナンガなどのダウンシェラフは必要なく、分厚い化繊のシュラフで十分に暖かいです


2018020201










電気毛布


「電気毛布は、シュラフの中に入れて就寝すると、とても暖かいです



2022011001 (1)









「消費電力の低い電気毛布は、例えば家族4人で使用しても、ブレーカーが落ちることはありません



大抵のキャンプ場は、使用できる電力が決まっており、電気を使い過ぎるとブレーカーが落ちてしまいます。




電気毛布は、消費電力が低いので、ブレーカーが落ちる心配がありません。


FullSizeRender









ホットカーペットのように、マットの上に敷くこともでき、マットの上に敷くとほんのりと暖かいです


我が家も電気毛布を、ホットカーペットのように敷くこともあります。




ポータブル電源を使用すると、電源サイトでも使用することが可能。


2021101701 (6)
















電源なしサイト


2021101701 (29)









「電源がないサイトでは、電化製品を使うことができません



2021101701 (27)









電源がないサイトで、多くの方が使っているのが湯たんぽ


我が家も湯たんぽを使用。




湯たんぽがあれば、真冬のキャンプが快適になります。


3019120802 (3)









我が家の奥さんもそうですが、女性の方は足元が冷えて寝られないという方もおられます


湯たんぽを使用することで、寒い季節でも快適に過ごせます。




湯たんぽは、金属製・プラスチック製・シリコン製・ゴム製などがあり、大きさや種類がさまざま。


3019091904









我が家のおすすめは、金属製の湯たんぽ


金属製の湯たんぽを使用するメリットは、ガスコンロや石油ストーブを使って、そのまま温められること。




湯たんぽに水を入れ、直接直火して沸かせるので、家族分の湯たんぽを用意しても面倒ではありません。



2018020109









ケトルなどでお湯を沸かして、また湯たんぽに入れかえる作業は、けっこうめんどくさいもの


3019051902 (2)









我が家は、マルカの湯たんぽを使用


マルカの湯たんぽも金属製なので、水を入れてガスコンロや石油ストーブで直火ができるのでとても便利。




サイズは2.5Lあれば、朝まで十分に暖かいです。


2017111301















まとめ


FullSizeRender









今回は、年間50泊キャンプに行く我が家が、冬キャンプに使用している暖房器具を紹介しました。


とても暖かいので、冬キャンプで重宝します。


冬キャンプは、電源サイトを使用すれば、暖かく自宅にいるより快適に過ごせます。


ただ、電源サイトは利用料金が5000円以上するキャンプ場が多く値段も高め。


利用料金を考えておられるなら、電源がないサイトがおすすめ。


我が家も冬キャンプは、電源がないサイトをメインにし、より快適に過ごしたい時に電源サイトを使用します。


電源がないサイトは、電源が使えないという最大のデメリットはありますが、湯たんぽがあれば寒い季節でも安心。


冬キャンプを快適に過ごされるなら、湯たんぽがおすすめ。


以上、「冬キャンプで寝るときの暖房!最強の4アイテム!年間50泊キャンプに行く我が家が詳しくブログで紹介
」でした


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check! 





























このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック