2022010901 (5)








「最近はキャンプ人気が高まり、オンシーズンだけではなく、オフシーズンにキャンプをされる方が増えでいます



寒い季節は気温が下がるので、テント内で快適に過ごすには、やはり寒さ対策が重要です。


2021101701 (22)









寒さ対策は、ストーブなどの暖房器具で、テントを温めるのが重要と思われがちですが、それだけではありません


どれだけテント内の温度を暖めても、地面からの冷気を遮断しなければ、より快適には過ごせません。


2022010901 (2)









我が家はテント内の冷気対策に、分厚い銀マットを使用しています


分厚い銀マットを敷くことで、地面からの冷気を遮断してくれます。


2022010901 (4)









今回は、我が家が使用する銀マットについて、詳しくブログで紹介したいと思います。









2020011652





*タイトル
キャンプで使う銀マットの厚み


FullSizeRender






コスパが良い


我が家がテントに敷くマットに、銀マットをおすすめする理由は、コスパにかなり優れているから


銀マットがテントのマットとして優秀なのは、何といっても手軽に購入できる値段。


FullSizeRender









銀マットは値段が安いので、手軽に複数枚購入でき、キャンプでガンガン使用することか可能


2021101701 (4)









値段が安いので、ダメージや破れたりしても、気兼ねなく買い替えることもできます


コスパがかなり優れているのも、銀マットを敷くメリット。


2021101701 (3)










銀マットの使い方


銀マットは裏表が違っていて、銀がある面とない面があります


寒い季節は、銀マットの銀の方を上にして下さい。


FullSizeRender









寒い季節、気温が下がると必ず発生するのが、地面からの冷気


手で触ると冷たいのが冷気で、テントの床部分からも冷気が発生します。




何も敷かずに就寝すると地面が冷た過ぎて、快適には寝れません。


FullSizeRender









我が家は地面からの冷気対策に、銀マットを使用しています


寒い時期に銀マットを敷く場合、必ず銀マットの銀を上にして下さい。


FullSizeRender









銀マットの銀を上に敷くことで、地面からの冷気を遮断し、体温を反射させて保温性をアップさせます


FullSizeRender









「夏キャンプはその反対で、銀マットの銀の部分を下にして下さい



FullSizeRender









銀マットの銀を下にすることで、暖かい地面の暖気を遮断し、体温を反射させません


FullSizeRender






銀マットの敷き方として、寒い季節は銀マットの銀部分を上、暑い季節は銀マットの銀部分を下にして下さい。









銀マットのおすすめの厚みは、8mmがベストだと思います


8mmの厚みだと、地面からの冷気を遮断し、尚且つそれ程の厚みがないので、持ち運びにも便利。


2021051701 (7)









「通常は1枚しか敷かない銀マットですが、コンディションの悪いサイトと、真冬だけは銀マットを2枚重ねにします」


FullSizeRender









キャンプサイトは、コンディションの良い芝サイトだけではなく、砂利サイトや土サイトなどのコンディションが悪いところもあります


我が家はクッション性を、よりアップする為に、コンディションの悪いサイトなら銀マットを2枚重ねにします。


2020102502 (9)









「真冬は気温が氷点下まで下がることがあり、それに伴い地面も冷たくなるので、銀マットを2枚重ねにしています」


2枚重ねにすることで厚みが増し、地面からの冷気を、より遮断してくれます。


2022010901 (4)









厚みが15mmの銀マットより、枚数を臨機応変に使用したいので、我が家は8mmの銀マットを複数枚使用しています


銀マットの厚みは15mmより、持ち運びやすい8mmがおすすめ。


FullSizeRender

























銀マットの敷き方


202201161 (79)









テント内で快適に過ごすなら、銀マットプラスアルファが必要


銀マットにプラスアルファすることで、寒い季節もテント内で、より快適に過ごせます。


2022010901 (6)









オールウェザーブランケット


テントの床の一番下には、オールウェザーブランケット



2020013007 (10)









オールウェザーブランケットは、プラスチックフィルム・アルミニウム・ポリエチレン繊維、そしてプラスチックフィルムという4層からなる構造


NASAが開発した多目的シートで、軽量・コンパクト・防水・防風・保温性に優れた多目的シート。


2015111214




仕様/規格 
●材質:ポリエチレンフィルム・アルミニウム・繊維・有色ポリエチレンフィルムの4層です

●サイズ:152×213cm

●重量:350g(CS:6/CT:50) 

●医療機器としてFDAに正式登録されているほか、アメリカの軍隊やボーイスカウトでも正式に使用されています。NASA開発の4層構造の多目的なシートで、毛布・レジャーシート・タープと様々な用途に使う事が出来る耐久性があります。 









保温性のあるオールウェザーブランケットを敷くと、テント内で暖かく過ごせます


FullSizeRender









オールウェザーブランケットをテントの床部分に敷くと、テントの床のダメージや痛み防止にもなります


FullSizeRender























分厚い銀マット


オールウェザーブランケットの上には、分厚い8mmの銀マット



2022010901 (5)










真冬のキャンプなど、温度が下がり冷え込む時は、地面からの冷気対策に2枚



砂利サイトや土サイトなど、コンディションの悪いサイトの場合、2枚重ねにして銀マットを敷いています。





2枚重ねにすることで、よりクッション性を高めます。



FullSizeRender
























エルパソブランケット



分厚い銀マットの上には、エルパソブランケット



2022010901 (6)









エルパソブランケットは、1970年創業のアメリカテキサス州、エルパソサドルブランケット社製のラグ&ブランケット



創業して50年を超える歴史があり、昔から今も大人気の商品。



2021101701 (19)









エルパソブランケットは、一時期人気があり過ぎて供給が追いつかず、購入ができない時がありました



2021101701 (14)









エルパソブランケットの人気がある理由は、見た目のおしゃれさと格好良さ



テント内に敷くだけで、かなり映えます。



FullSizeRender









縦225×横150cmあるので、こじんまりしたサイズのテントだと1枚、大型のテントだとエルパソブランケットが2枚あると便利



我が家は大型テントでも、テーブルの周りしかエルパソブランケットを敷いていません。





エルパソブランケットを、ピンポイントに敷いても、おしゃれで格好いいと思います。



FullSizeRender









エルパソブランケットは、しっかりとした織りと固めの素材



生地が分厚く丈夫なので、痛むことなく長く使用できます。



2021101701 (12)









エルパソブランケットは、年間50泊キャンプに行く我が家のおすすめのラグ&ブランケット



見た目がかなりおしゃれなので、エルパソブランケットを敷くと、サイトの雰囲気がかなり変わりますよ。



2021101701 (27)




















テントの中に敷く銀マットの厚みは、8mmがベストだと思います



FullSizeRender

























まとめ



FullSizeRender









今回は、キャンプでテントに敷く銀マットの厚みは何ミリがいいの?ということで、我が家が便利に使っているサイズを紹介しました。



15mmサイズでもよいとは思いますが、我が家は、季節やサイト条件で、銀マットを使う枚数を決めています。



コンディションの悪い砂利や土サイトだと、8mmの銀マットを2枚。



真冬のキャンプは気温が下がる為、それと共に地面から冷たい冷気が発生します。



地面からの冷気を、より遮断する為に、8mmの銀マットを2枚敷いています。



それ以外の条件は、キャンプで8mmの銀マットを1枚を使用。



銀マットは、銀の方と銀が付いていない方があります。



寒い季節は、銀マットの銀の方を上にして下さい。



銀マットの銀を上にすることで、地面からの冷気を遮断し、体温を反射させ保温性をアップさせます。



逆に夏場は、銀マットの銀を下にして下さい。



銀マットの銀を下にすることで、暖かい地面の暖気を遮断し、体温を反射させません。



銀マットは、コスパに優れているマット。



値段が安く、春夏秋冬キャンプで使えるので、我が家みたいに複数枚あると、とても便利ですよ。



以上、「厚手がいいの?キャンプで使う銀マットのベストな厚さは?テントが超快適に!詳しくブログで紹介」でした。



アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check! 































このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック