202201161 (79)









「年間50泊程、キャンプに行く我が家



真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。


FullSizeRender









1年を通して年間50泊もキャンプをしていると、過ごしやすい季節と過ごしにくい季節がわかります


FullSizeRender









1年で最も過ごしやすい季節が、春や秋のキャンプ


真夏ほど暑くならず、真冬ほど寒くならないので、重装備でなくてもキャンプができます。


FullSizeRender









焚き火でも暖が取れるので、1年を通してキャンプで一番焚き火を楽しめる季節


春や秋は、焚き火好きにはたまらない季節ですね。


FullSizeRender









1年で最も過ごしにくいのが、夏のキャンプ


平地だと昼間は高温で、夜も熱帯夜が続きます。




キャンプをしていて不快に感じるのが、夏のキャンプ。


FullSizeRender









夏キャンプは平地より、標高の高いキャンプ場がおすすめ


100m上がると気温が0.6度下がると言われており、標高が上がれば上がるほど涼しくなります。




我が家も夏キャンプは、平地のキャンプ場より、標高の高いキャンプ場に行くようにしています。


FullSizeRender










平地のキャンプ場は、昼間は気温が上がりますが、夜は涼しく就寝しやすいです


2021081430 (105)









真冬のキャンプは、寒いし過ごしにくいと思われがちですが、しっかりとした装備をすれば、自宅に居るような快適さが得られます


FullSizeRender









冬キャンプに使う暖房器具は、電気を燃料にする電化製品と、電気を燃料にしないものに別れます


2021101701 (38)

2021101701 (34)










電気を燃料にしない暖房器具は、燃料に電気以外のものを使用するので、一酸化炭素が必ず発生します


一酸化炭素が発生する暖房器具は、締め切って使うと一酸化炭素中毒になってしまうので危険。




例えば、カセットガスストーブ・石油ストーブ・薪ストーブがそれにあたります。


3019111701









テント内で、電気を燃料にしない暖房器具を使うと、一酸化炭素中毒になるリスクを伴うので注意して下さい


テント内で使用する場合は必ず換気をして、一酸化炭素警報機を設置して下さい。


FullSizeRender

























それとは反対に、電気を燃料にする電化製品は、一酸化炭素が発生しないので、テント内を締め切って使用できます


換気をする必要がないので、暖房出力の低いものでも暖か。




冬場に電源サイトを使用すると、電化製品が使えるので一酸化炭素の発生がなく、安心してキャンプができます。


2021101701 (37)










おすすめの電化製品


FullSizeRender






ホットカーペット


キャンプで最強の暖房器具と呼ばれているのが、ホットカーペット



ホットカーペットにかなう電化製品はありません。


FullSizeRender









キャンプで電源サイトを使用する場合は、ホットカーペットが絶対おすすめ


FullSizeRender









ホットカーペットがあるのとないのとでは、全くテント内の居心地が違います


我が家は、自宅ではホットカーペットを使用せず、キャンプ用だけに購入しましました。


2019012601 (3)






ホットカーペットのサイズは、メーカーによって違ってきますが、あくまで目安として2畳用が176×176cmで3畳用が195×235cm。









「2人用のテントが2畳用のホットカーペットで、4人用のテントが3畳用のホットカーペットを選んで下さい」



最近は、ホットカーペットも手軽な値段で選べるものがたくさんあります。




1枚ホットカーペットがあると、快適さが全然違ってくるので、キャンプでホットカーペットはかなりおすすめ。



FullSizeRender


























電気ストーブ


電気ストーブは、下記のように何度か使用しましたが、テントが暖かくならないのでおすすめしません



電気ストーブは、消費電力が高い割には暖かくので、キャンプでは使いにくいです。


251470fe.jpg










ミニセラミックヒーター


「ミニセラミックヒーターは、我が家も冬キャンプで使用する時があります」



ミニセラミックヒーターを使用する場合、消費電力が600W〜800Wぐらいのものを2個付けると暖かいです。


2021101701 (41)









ミニセラミックヒーターをテントで使用する場合、一酸化炭素が発生しないのて、締め切って就寝ができます


テント内を締め切って使用するので、暖房出力の低いミニセラミックでも暖か。


2021101701 (39)









テント内でミニセラミックヒーターを冬場に使用される場合、2個ないと暖かくないので注意して下さい


2021101701 (37)

























電気毛布


電気毛布は、1人1枚使用するのが基本ですが、ホットカーペットみたいな使い方もできます


電気毛布をホットカーペットみたいに、インナーマットの下に2枚敷いて下さい。


2021101701 (6)










電気毛布2枚をインナーマットの下に敷き詰め、強さを(強)にします


インナーマットの上に寝転がったり座ってみると、ほんのりと暖かいです。


2021101701 (31)









電気毛布をホットカーペットみたいに敷いて使用すると、割と暖かく快適に過ごせるのでおすすめ


2021101701 (7)






















キャンプ場の消費電力


我が家も経験あるのですが、キャンプで電気を使い過ぎるとブレーカーが落ちます


我が家の場合は、管理人さんが常駐していたので、ブレーカーがある場所がわかり助かりました。




キャンプ場で管理人さんが常駐していない場合、夜にブレーカーが落ちてしまうと、ブレーカーの場所がわからなくなるので注意して下さい。


FullSizeRender






キャンプ場の1サイトあたりで使える消費電力は、1000W(10A)〜2000W(20W)までがほとんどなので、電気の使い過ぎは注意が必要。









利用する前に、キャンプ場に電話をかけてみて使用できる電気容量を聞いてみると、上限がわかります


電気容量の上限がわかれば、持って行く電化製品の種類もわかるので、安心してキャンプができます。


IMG_3087










防雨延長コード


キャンプサイトで電気を使う場合、コンセントが外にあります



2020020207 (2)









コンセントが外にある為、延長コードを使う場合、雨に濡れる可能性があります


2018020525









自宅で使用している延長コードは、雨に濡れることがないので、屋内用を使用されていると思います


サイトのコンセントからテント内の暖房器具までを、屋内用の延長コードで繋いでしまうと危険。


屋内用の延長コードは、防水使用になっていない為、最悪雨に濡れてショートする可能性があります。




キャンプで使う延長コードは、防雨延長コードを必ず使用して下さい。


2018010801









我が家は、10mの防雨延長コードを使っています



今までいろいろなキャンプ場に行っていますが、10mの防雨延長コードで足りなかったということは一度もありません。


2018010804









サイトのコンセントからテントの暖房器具までを繋ぐ延長コードは、絶対に防雨延長コードがおすすめ


2018010805

























湯たんぽ


電源がないサイトで、おすすめなのが湯たんぽ


湯たんぽは、プラスチック製やゴム製など、いろいろな種類がありますが、金属製を選ぶと直火をすることが可能。


3019120802 (3)









我が家は、マルカの湯たんぽ2.5Lを使用


マルカの湯たんぽも金属製になっており、直火ができます。




湯たんぽに水を入れ、直接ガスコンロや石油ストーブなどで沸かすことができるので手間が全くいりません。


2017111308









マルカの湯たんぽをシュラフに入れば、暖かく就寝することができます


2017111301



















まとめ


202201161 (81)









今回は、冬キャンプて安全な暖房器具を紹介しました。


キャンプサイトには、電源サイトと電源が付いていないサイトに別れます。


電源がないサイト場合、ポータブル電源を使用しない限り、電化製品は使えません。


幕内を暖める暖房器具は、石油ストーブ・カセットガスストーブ・薪ストーブなどになると思います。


我が家は、電源がないサイトで冬キャンプをする場合、石油ストーブをメインの暖房器具にしています。


石油ストーブを含め、カセットガスストーブや薪ストーブも一酸化炭素が必ず発生します。


一酸化炭素が発生する為、換気をしないと一酸化炭素中毒になるリスクがあるので注意して下さい。


電源があるサイトは、電気が使える為、電化製品が使用できます。


電化製品は一酸化炭素が発生しないので、テント内で使用しても安心。



安心してキャンプをされるなら、電源サイトがおすすめ。


キャンプで使う電化製品でおすすめなのが、最強の暖房器具と言われているホットカーペット。


ホットカーペットを敷けば、高価なダウンのシュラフは必要ありません。


少し分厚い化繊シュラフがあれば、冬キャンプでも暖かく過ごせます。


我が家も電源サイトを利用する時は、ホットカーペットをよく使用しています。


ホットカーペットをテントで使うと、自宅に居るような快適さを得られるのでおすすめ。


以上、「冬キャンプの暖房!電気を使うとテント内で安全!」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check! 





























このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック