2021101701 (34)








「最近は、キャンプブームということもあり、昔に比べてキャンプ人口が増えました」



それに伴い、いろいろなスタイルでキャンプをされています。




我が家は、その季節によってスタイルを変えています。


FullSizeRender









「夏場は気温が上がるので、TCタープを張り、その下で過ごしています



FullSizeRender









TCタープは遮光性が優れているので、風が通り抜けて涼しいです


夏キャンプは、TCタープとテントの組み合わせがほとんど。


FullSizeRender









寒い季節は、テント内にこもる時間が増えるので、ポリコットン素材のテントを張って、テント内で快適に過ごせるようなスペースをつくっています


冬キャンプは、幕内で暖めた空気が逃げにくい、ポリコットンテントをよく張っています。


FullSizeRender









いろいろな工夫をすると、冬の寒い時期でも自宅にいるような快適さが得られます


FullSizeRender









冬キャンプで、快適さを得るのに必要なのが暖房器具


テント内の温度を上げないと、快適にはキャンプができません。


2021101701 (34)









冬キャンプに使う暖房器具は、電源があるサイトと、電源がないサイトではまた違ってきます


2021123101 (68)









電源があるサイトでは電気が使えるので、必然的に電化製品が主の暖房器具になってきます


電源サイトの暖房器具ていえば、ホットカーペット・セラミックヒーター・電気毛布など。


2021101701 (43)









電源がないサイトは、電化製品以外の暖房器具になってしまいます


2021123101 (67)









今回は、冬キャンプで電源がないサイトの暖房器具は、何を使ったらいいのか?詳しくブログて紹介したいと思います。









2020011652




*タイトル
冬キャンプで電源なしサイトの暖房器具


2021101701 (22)






一酸化炭素警報機


電源がないサイトは、電気以外の燃料を使うので、一酸化炭素が発生するリスクがあります


例えば、薪ストーブ・カセットガスストーブ・石油ストーブが、それにあたります。




幕内で使用される場合、一酸化炭素中毒になるリスクがあるので、必ず換気が必要です。


2021123101 (67)









一酸化炭素が発生する暖房器具を使用される場合は、必ず一酸化炭素警報機を使用して下さい


一酸化炭素警報機を使用することで、一酸化炭素中毒のリスクを減らします。


FullSizeRender

























石油ストーブ


FullSizeRender









電源がないサイトの暖房器具といえば、石油ストーブを使われている方も多いはず


石油ストーブは、燃料に灯油を使用している為、電気を使いません。




燃料が灯油のみなので、手軽に使えて暖かいのが、石油ストーブの良いところ。


電源がないサイトで冬キャンプをされるなら、石油ストーブは絶対の必需品。


FullSizeRender









最近は、キャンプブームということで、海外製も含めるとたくさんの数の石油ストーブが発売されています


その中で、すぐに購入できて冬キャンプで使える暖かさをもつのは4種類。


FullSizeRender










アルパカストーブ


アルパカストーブは、韓国製の石油ストーブ



アルパカストーブが、他の海外製の石油ストーブと違う所は、日本の安全基準(JHIA)をクリアしていること。




JHIA規格をクリアしているので、日本製の石油ストーブと同様に安全に使用できます。


FullSizeRender









アルパカストーブは、1年間のメーカー保証が付けられています


初期不良の時も対処してくれるので安心。




他の外国製石油ストーブより値段は高いですが、その分安全安心に幕内で使用できます。


FullSizeRender









アルパカストーブの暖房出力は、3.0kwとそれ程高くはありません


大型幕の場合、アルパカストーブのみだとテント内が暖まりません。




例えば、サーカスTCなど、こじんまりしたテントの大きさだと暖かく過ごせます。


2021123101 (99)









アルパカストーブは、3人用ぐらいのサイズのテントを保有している方におすすめ


FullSizeRender



パセコ石油ストーブは、アルパカストーブと同じ韓国製



アルパカストーブとの違いは、日本の安全基準(JHIA)をクリアしていないこと。




JHIAをクリアしていないので、野外専用となっています。


FullSizeRender









安心で選ぶならアルパカストーブ、値段の安さで選ぶならパセコ石油ストーブになります


FullSizeRender









パセコ石油ストーブは、一時期人気があり過ぎて購入できない時がありました


パセコ石油ストーブの人気がある理由は、圧倒的な値段の安さ。




アルパカストーブと比べて、半額ぐらいで購入できる手軽さがあります。


FullSizeRender









パセコ石油ストーブの暖房出力は、アルパカストーブと同じ3.0kw


暖房出力が3.0kwしかないので、大型のテントだとパセコ石油ストーブ1台で暖めるのは無理。




サーカスTCぐらいのこじんまりしたサイズのテントだと、パセコ石油ストーブで十分に暖めてくれます。


2021123101 (99)









パセコ石油ストーブを購入される方は、去年と同様に売り切れになることもあるので、早めに選ばれることをおすすめします


FullSizeRender

























トヨトミKS-67H


トヨトミKS-67Hは、トヨトミから発売されている日本製の石油ストーブ


トヨトミKS-67Hの特徴は、他にはない圧倒的な暖かさ。


FullSizeRender









サイズが583X482X482あるので、割とサイズの大きな石油ストーブですが、暖房出力が6.66kwという圧倒的な暖かさがあります


真冬のキャンプでもトヨトミKS-67Hがあれば、ランドロック級の大きな幕でも、これ1台で暖めてくれます。


FullSizeRender









トヨトミKS-67Hは、割と大きなサイズの石油ストーブですが、他の暖房器具を持っていかなくてもいいので、その分荷物の削減になります


FullSizeRender

























コロナ対流型ストーブ


コロナ対流型ストーブもトヨトミKS-67Hと同様に、暖房出力の高い石油ストーブ


暖房出力が6.59kwあるので、ランドロック級の大型幕でも、これひとつで暖かいです。




コロナ対流型ストーブがあれば、幕内を暖めるのに、真冬のキャンプでも他の暖房器具はいりません。



FullSizeRender









サイズが、598×460×460あるので、割と大きなサイズの石油ストーブですが、他の暖房器具が必要ないので、荷物の削減にもなります


FullSizeRender









コロナ対流型ストーブは、我が家も使用しています


FullSizeRender









見た目がおしゃれで暖かいのが、コロナ対流型ストーブの良いところ


FullSizeRender


























4種類の石油ストーブ



暖房出力が3.0kwしかないので、サーカスTCなど、こじんまりしたサイズのテントを暖めるのは、アルパカストーブがおすすめ


アルパカストーブは、日本製の石油ストーブと同様に、JHIA規格をクリアしているので安全。




安全と安心で選ぶならアルパカストーブ。


FullSizeRender


























パセコの石油ストーブも、暖房出力が3.0kwしかないので、サーカスTCなどこじんまりしたサイズのテントを暖めるのにおすすめ


アルパカストーブより、かなり安く購入できます。




一時期人気があり過ぎて供給が追いつかず、購入ができない時がありました。


値段が安いので、手軽さで選ぶならパセコの石油ストーブ。


FullSizeRender

























トヨトミKS-67Hは、サイズの割と大きな石油ストーブですが、暖房出力が6.66kwと圧倒的な暖かさ


ランドロック級の大型幕でも、真冬のキャンプ、トヨトミKS-67Hひとつで暖めてくれます。


FullSizeRender

























コロナ対流型ストーブもトヨトミKS-67H同様に、サイズの割と大きな石油ストーブ


サイズは割と大きいですが、暖房出力が6.59kwある為、ランドロック級の大型幕もこれひとつで暖めてくれます。




見た目も、とてもおしゃれですよ。


FullSizeRender

























石油ストーブを幕内で使用すると、必ず一酸化炭素が発生します


一酸化炭素が発生すると、一酸化炭素中毒になるリスクがあります。




一酸化炭素中毒になるリスクを減らす為に、幕内で石油ストーブを付ける際は、一酸化炭素警報機を使用して下さい。


FullSizeRender

























まとめ


2021101701 (34)









冬キャンプで電源がないサイトで、何を使用すればいいのかを、今回記事にしました。


我が家のおすすめは、アルパカストーブ・パセコ石油ストーブ・トヨトミKS-67H・コロナ対流型ストーブの4つ。


石油ストーブは、海外製も含めると他にもいろいろとあります。


日本製でいえば、トヨトミレインボーやフジカハイペットがそのひとつ。


トヨトミレインボーは、側面が暖かくならないので、冬キャンプには向いていません。


フジカハイペットは、予約者が多い為、すぐに購入できない状態。


上記のアルパカストーブ・パセコ石油ストーブ・トヨトミKS-67H・コロナ対流型ストーブの4種類は、冬キャンプに使用しやすい石油ストーブ。


今のところ、すぐに購入できます。


冬キャンプを電源なしサイトでする場合、石油ストーブは必需品。


長くキャンプをされるなら、石油ストーブの購入をおすすめします。


以上、「冬キャンプ!電源なしサイトの暖房器具は絶対これ!詳しくブログで紹介。」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check! 





























このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック