FullSizeRender








「キャンプでお酒を飲む我が家にとって、スキレットはなくてはならないもの

 

我が家は、スキレットでお酒のおつまみや料理をよく作っています。

 

FullSizeRender










スキレットは、熱伝導や蓄熱性に優れています

 

食材を入れても温度が下がらず、一定の温度で食材が焼けます。

 



例えば肉を焼く時、肉を入れても温度が下がらず、一定の温度で焼けるので、外はカリッとして中はジューシに仕上がります。


FullSizeRender


 






我が家は、焼肉を焼くのにもスキレットを使用

 

スキレットは、鉄板と同じ効果があるので、鉄板と同様に、スキレットでも美味しく肉を焼くことが可能。


FullSizeRender

 







スキレットの手入れは、多少面倒はありますが、面倒をかけてまでも、我が家はフライパンを使わずスキレットを使用しています

 

スキレットを使う理由は、美味しく料理を作れるから。


FullSizeRender

 









今回は、スキレットの使い方と、使いやすいサイズを、詳しくブログで紹介したいと思います。

 








2020011652





*タイトル
キャンプでスキレットは面倒?使い方とおすすめサイズを紹介


FullSizeRender








 

スキレットを使うと面倒と思われがちですが、チャムスのスキレットを使うと、その面倒が幾分か軽減されます   



FullSizeRender

 

 







シーズニングは必要なし


 

スキレットを使用するのに、一番面倒だと思われるのが、シーズニング作業だと思います

 

チャムスのスキレットは、シーズニングをする必要はありません。

 

FullSizeRender






生産工場で植物性食用油を全体に塗り、シーズニングをされてから出荷されているので、使用前に再度シーズニングする必要はありません。

 

使用前は、お湯とたわしで軽く洗って使い始めて下さい。





 






洗剤を使用して洗える


チャムスのスキレットが、他のスキレットと違う所は、シリコンクリア塗装されていること




シリコンクリア塗装されているチャムスのスキレットは、洗剤を使用して洗うことができます。





 


 


洗剤を使って汚れを落とすので、常に清潔な状態を保てます

 

 

完全に汚れが落ち、匂いもなくなるので、洗剤を使えるチャムスのスキレットは、とても便利。

 

FullSizeRender










保管



鉄や鋳鉄製のスキレットは、使用後ほっておくと、サビるリスクが高まります

 

水分は、必ず取り除いて下さい。

 



スキレットに水分があると、一晩でサビることがあるので注意が必要です。

 

FullSizeRender









水分を取り除いたら、サビ止めの油を塗ります

 

サビ止めの油は、サラダ油やオリーブオイルを使用して下さい。

 

FullSizeRender









下記が、スキレットの保管の方法です

 

FullSizeRender









①汚れを取り除いたスキレットを火にかけ、空焼きをして完全に水分を飛ばします。

 

FullSizeRender









②水分を完全に取り除いたら、サラダ油やオリーブオイルをサビ止めとして塗ります。


 

サラダ油やオリーブオイルを塗ることで、スキレットがサビないようにします。

 

FullSizeRender









油は、スキレット表面だけでOKで、裏や持ち手は油を塗る必要はありません

 

多く油を塗ってしまうとべたつくので、軽く薄くで大丈夫です。

 

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender










油を塗ったスキレットは、キッチンペーパーに包んでサランラップをして保管して下さい


FullSizeRender

FullSizeRender


FullSizeRender











サイズ



我が家がおすすめするのが、チャムスのスキレット

 

 

チャムスのスキレットをおすすめする理由は、シーズニングをする必要がなく、洗剤で洗えること。

 



他のスキレットにはない、使いやすさがあります。

 

FullSizeRender









スキレットの手入れや扱いに、面倒で大変と思っておられるなら、チャムスのスキレットを選ぶべき

 

チャムスのスキレットを選ぶことで、面倒で大変な気持ちが少しは軽減されます。

 

FullSizeRender









チャムスのスキレットは、使い勝手の良さだけではなくおしゃれさがあります

 

黒くて無骨なスキレットですが、スキレットがおしゃれなのはチャムスだけ。

 


FullSizeRender

 








底には、チャムスのキャラクターのブービーバードの刻印

 

FullSizeRender









持ち手には、チャムスのロゴ


FullSizeRender


 






おしゃれで使い勝手の良いチャムスのスキレットは、かなりおすすめ

 

FullSizeRender









チャムスのスキレットのサイズは、3.5インチ・6インチ・8インチの3種類のサイズがあります

 

FullSizeRender









3.5インチは、手のひらサイズの大きさ


 

目玉焼きを焼くのにちょうどで、ウィンナーなら3本焼けます。




 

バーニャカウダソースやチーズフォンデュなどを作る時にもおすすめ。

 

 

IMG_6188

























6インチは、直径15.5cmのサイズ

 

1人分の料理を作るのに、ベストな大きさ。

 



ソロキャンプをメインでされる方は、6インチサイズで十分だと思います。

 

 IMG_6189

























8インチは、直径20.5cmのサイズ

 

2人〜3人用の料理を作るのに、ちょうどいい大きさ。

 



我が家も、8インチサイズのスキレットを使用しています。

 

FullSizeRender









スキレットのベストなサイズは、8〜9インチだと我が家は思います

 

FullSizeRender









9インチ以上になると、保管と持ち運びが大変

 

スキレットで、そんなサイズの大きなのは必要ないと思います。

 



9インチ以上の大きさなら、鉄製のフライパンの方が、薄くて持ち運びと保管がしやすいです。


2020061002 (1)




 




大きなサイズを探しておられるなら、鉄のフライパンの方がおすすめ

 

2020051201 (4)









家族で使用されるなら8〜9インチが使いやすく、収納や持ち運びもあまり大変ではありません


IMG_6187



















 

 



ソロキャンプをメインでされている方は、6インチぐらいの大きさがベスト

 

FullSizeRender
























まとめ



FullSizeRender








 

今回は、スキレットが面倒?と言うことを記事に書きました。


 

スキレットの一番面倒な作業は、シーズニングだと我が家は思います。

 

チャムスのスキレットは、生産工場で植物性食用油を全体に塗り、シーズニングをされてから出荷しているので、使用前に再度シーズニングをする必要はありません。

 

シーズニングのいらないチャムスのスキレットは、注文して届いたらすぐに使用できます。

 

 

チャムスのスキレットは、シリコンクリア塗装されているので、洗剤をつけて洗うことができます。

 

洗剤を付けて洗うことができるので、常に清潔な状態を保てます。


 

洗剤を使うことで、匂いもしなくなります。

 

スキレットのおすすめは、チャムスのスキレット。

 

チャムスのスキレットは、3.5インチ・6インチ・8インチの3種類のサイズがあります。

 

おすすめするのが、我が家も使用する8インチ。

 

8インチサイズは、持ち運びや収納に便利なサイズだと思います。

 

使用するのも8インチが、いろいろな面で使い勝手の良いサイズ。

 

 

 以上、「キャンプでスキレットは面倒?使い方とおすすめサイズを紹介!」でした。











キャンプ用品セール
(ナチュラム)
 
Check!






キャンプ用品セール
(amazon)
Check!






キャンプ用品セール
(楽天)
Check!








 


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック