FullSizeRender








「年間50泊程、キャンプをする我が家

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

FullSizeRender









キャンプの楽しみは、人それぞれにいろいろとあると思います

 

我が家のキャンプの楽しみは、キャンプでゆったりと過ごすこと。




 

キャンプでは、夫婦でお酒を飲みながらゆったりと過ごしています。


FullSizeRender

 








お酒を楽しく美味しく飲むには、お酒に合うおつまみや料理も大事


 

おつまみや料理があると、お酒も進みます。


FullSizeRender

FullSizeRender









 

我が家は、キャンプでいろいろな料理を作ってきました

 

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender










今回は、スキレットで作る焼きそば


 

熱伝導性に優れ蓄熱性の高いスキレットを使うと、焼きそばが美味しくなります。


FullSizeRender








 

今回は、スキレットで作る焼きそばを、詳しくブログで紹介したいと思います。

 









2020011652





*タイトル
キャンプで焼きそば!スキレットがあれば簡単に美味しく作れる


FullSizeRender








 

我が家は、チャムスのスキレットを使用


 

チャムスのスキレットは、シーズニング作業が必要がなく、洗剤で洗うことができます。


FullSizeRender








 

生産工場で植物性食用油を塗ってから出荷されているので、使用前のシーズニング作業は必要ありません


 

届いた状態ですぐ使用できるのが、チャムスのスキレットの良さ。


FullSizeRender

FullSizeRender









 

シリコンクリア塗装されているチャムスのスキレットは、使用後汚れたら洗剤で洗うことが可能

 

FullSizeRender








 

スキレットの底には、ブービーバードの刻印がされていて、持ち手にはチャムスのロゴ


 

黒くて無骨なスキレットですが、チャムスのスキレットはおしゃれ。

 

FullSizeRender









チャムスのスキレットには、3.5インチ・6インチ・8インチの3種類のサイズがあります

 

FullSizeRender









3.5インチは、手のひらサイズの大きさ

 

ウインナーなら3本焼け、目玉焼きを焼くのにちょうどいいサイズ。

 

IMG_6188






 

















 

6インチは、15.5cmの大きさ


 

1〜2人分の量で、ソロキャンプにちょうどいいサイズ。

 

IMG_6189

























8インチは、20.5cmの大きさ


 

2〜3人前のサイズで、便利に使用できます。

 



我が家も8インチサイズを使用していて、今回焼きそばを焼くのに使用しました。

 

IMG_6187

























タフまるJr.


 

我が家は、キャンプのカセットコンロにタフまるJr.を使用

 

タフまるJr.は、キャンプで使うカセットコンロで、一番人気があり売れている商品。



FullSizeRender

 








 

タフまるJr.の人気がある理由は、見た目のおしゃれさと使い勝手の良さ


FullSizeRender








 

従来モデルより60%小型化して、収納にコンパクト


FullSizeRender








 

専用ケースが付属されているので、持ち運びに便利


2021072501 (2)









 

内側と外側のダブル風防ユニットで、風の影響を軽減


2021072502 (2)








 

炎長が短い多孔式バーナーで、風が吹いても炎が消えません


2021072502 (4)








 

耐荷重が10kgあるので、ダッチオーブンを置くことも可能


IMG_6237








 

タフまるJr.は、見た目がよくおしゃれで使い勝手がよいカセットコンロ


 

年間50泊行くキャンプに、必ず持っていきます。


FullSizeRender

























下準備


  

焼きそばの材料は、生麺でソース付きの焼きそば・キャベツ炒めミックス・ピーマン・エビ・豚肉


FullSizeRender

FullSizeRender


FullSizeRender


FullSizeRender


FullSizeRender









 

ピーマンをオピネルナイフで切っていきます


FullSizeRender

 









オピネルナイフは、キャンプで使うナイフで、一番売れていて人気のナイフ

 

オピネルナイフの人気があって売れている理由は、見た目のおしゃれさ。


IMG_9640

 








グリップは木製で、ブナ材が使われていて、味わい深く優しい風あい


さりげなく置いておくだけでも、インテリアになります。


IMG_9627

 








 

オピネルナイフには、カーボンスチール製とステンレスの2種類があります


IMG_9629

 









カーボンスチール製のオピネルナイフは、メンテナンスをしっかりとしなければ、サビることがあるので扱いが面倒


IMG_9641








 

ステンレス製のオピネルナイフは、サビることがないので、手間がかかりません


 

自宅で使用しているステンレス製の包丁と扱いは一緒で、洗ったらサッと拭くだけでOK。




 

全く手間がかからないのが、ステンレス製オピネルナイフの良さ。


IMG_9631








 

カーボンスチール製より、ステンレス製のオピネルナイフの方が売れています

 

 

我が家も扱いが楽なステンレス製のオピネルナイフを使用しています。


IMG_9639








 

オピネルナイフには、2番から12までのサイズがあります


 

2番から12番までの中で売れているのが、8番・9番・10番のオピネルナイフ。


2020060401








 

8番のオピネルナイフは、一味や七味の瓶とブレードやグリップが同じ長さ


IMG_9634

IMG_9643








 

こじんまりしたサイズなので、持ち運びと収納に便利


 

サイズが小さいので、ソロキャンプで使うのにちょうど良いサイズ。

 



我が家もソロで行く時は、8番のオピネルナイフを持っていきます。


IMG_9635














 










9番のオピネルナイフは、2番〜12番のサイズで一番人気


 

一番人気だけあって、バランスに優れていてちょうどいいサイズ。


IMG_9636

 

























10番のオピネルナイフのブレードとグリップは、カレーやシチューの箱の縦の長さと一緒



IMG_9638

IMG_9637









 

ブレードがある程度ある為、食材を切るのにスムーズで、ストレスはありません

 

 

キャンプでよく料理をする方におすすめで、我が家も使用しています。


IMG_9639

IMG_9631

 























 

ピーマンをちょうど良いサイズ切って下準備完了


FullSizeRender

FullSizeRender










作り方


 

①スキレットを温めて油を入れ熱したら、豚肉を焼いていきます。


FullSizeRender

FullSizeRender









 

②ピーマンとキャベツを入れ炒めます。


FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender








 

③生麺を入れて水を加え、蒸し焼きにします。蓋はしなくても大丈夫。


FullSizeRender

FullSizeRender


 







 

④水分が飛んで、麺に火が通ったらソースを入れ混ぜます。


FullSizeRender

FullSizeRender


FullSizeRender


FullSizeRender









 

⑤最後に、鰹節を振りかけたら出来上がり。


FullSizeRender

FullSizeRender









 

シェラカップでいただきます


FullSizeRender








 

スキレットで焼くと、水分が良い感じに飛んで、べちゃとした焼きそばになりません


 

鉄板で焼くのと同じ仕上がりになり、スキレットを使用すると、かなり美味しくなります。


FullSizeRender









 

クーラーボックスでキーンと冷やしたビールと、焼きそばの相性は最高

 

ビールも焼きそばもどちらとも進んで、がっつりといただきました。


FullSizeRender

FullSizeRender



















 






まとめ


FullSizeRender








 

今回は、スキレットを使用して焼きそばを作ってみました。


 

スキレットを使用すると、良い感じに水分が飛んで、べっちょり感がなくなります。

 

スキレットで焼くのとフライパンを使うのとでは、スキレットの方が、断然焼きそばが美味しく焼けますよ。

 

我が家は、チャムスのスキレットを使用。


 

チャムスのスキレットは、使い勝手がよくおしゃれ。

 

シーズニング作業は必要なく洗剤も使えるので、チャムスのスキレットは使い勝手が良いです。


 

底にはブービーバードの刻印と、持ち手にはチャムスのロゴ。

 

 

黒くて無骨なスキレットですが、チャムスのスキレットは見た目がおしゃれですよ。

 

 

 以上、「キャンプで焼きそば!スキレットがあれば簡単に美味しく作れる」でした。











キャンプ用品セール
(ナチュラム)
 
Check!









 











キャンプ用品セール
(amazon)
Check!











キャンプ用品セール
(楽天)
Check!








 






 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック