FullSizeRender








「年間50泊程、キャンプをする我が家


 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。


FullSizeRender








 

キャンプの楽しみは、人それぞれにいろいろとあります


 

我が家のキャンプの楽しみは、ゆったりと過ごすこと。




 

キャンプでは、夫婦でゆったりとお酒を飲みながら過ごしています。


FullSizeRender








 

お酒を美味しく楽しく飲むには、いろいろなものが必要です


FullSizeRender








 

お酒に合うおつまみや料理は重要で、おつまみや料理がないとお酒も進みません


FullSizeRender

FullSizeRender

 







 

お酒に合う最強の料理がバーベキュー


 

バーベキューをすると、かなりお酒が進みます。


FullSizeRender

FullSizeRender








 

お酒を美味しく楽しく飲むには、シチュエーションも大事


 

焚き火をしながら飲むお酒は、最高の贅沢。


FullSizeRender

 







 

我が家は、バーベキューをしたり焚き火を楽しんだりと、キャンプではゆったりと過ごしています


FullSizeRender

 



 




 

「我が家は、キャンプでバーベキューや焚き火をよくするのですが、バーベキューや焚き火をすると、必ず発生するのが燃えカスや灰



FullSizeRender








 

有料のキャンプ場の場合は、燃えカスや灰を引き取ってもらえることが多く問題もありません


FullSizeRender








 

我が家は無料のキャンプ場にもよく行きますが、我が家が利用する無料のキャンプ場は、燃えカスや灰が捨てられません


IMG_7917








 

燃えカスや灰が捨てられない時に活躍するのが、火消し袋

 

一昔前までは、火消し壺を使用していた我が家ですが、今は火消し袋に代わっています。


FullSizeRender








 

火消し袋を使用するメリットは、コンパクトに収納と持ち運びができること


 

畳むと手のひらサイズになるので、車の積載に全く邪魔になりません。


FullSizeRender








 

火消し袋で一番売れていて人気のあるのが、ZEN Campsのアッシュキャリー

 

ZEN Campsのアッシュキャリーは、焚き火シートなどに使われているガラス繊維素材に比べて40%分厚い。

 



他の火消し袋より、シリコンコーティング量が43%多いのが特徴。


FullSizeRender








 

つくりがしっかりとしていて耐久性があるので、痛むことなく長く使用できます


FullSizeRender









 

今回は火消し袋の使い方や、今大人気のZEN Campsのアッシュキャリーのおすすめな所を、詳しくブログで紹介したいと思います。










2020011652





*タイトル
使用レビュー!火消し袋の使い方は超簡単!炭や焚き火が入れられる


FullSizeRender








 

バーベキューや焚き火をした後、燃えカスや灰を入れるのに便利なのが火消し袋


 

以前は、燃えカスや灰を入れるのに使われていたのが火消し壺でしたが、現在は火消し袋が主流。




 

我が家もキャンプでは必ず焚き火をするので、火消し袋はなくてはならないものになっています。


FullSizeRender









 

最近は、キャンプブームということもあり、いろいろなブランドから火消し袋が発売されています

 

いざ購入しようと思ってもたくさんあり過ぎて、どのブランドを選んだらいいか迷います。




 

我が家が使用するZEN Campsのアッシュキャリーは、今大人気の火消し袋で一番売れている商品。


FullSizeRender

 







ZEN Campsのアッシュキャリーが人気で売れている理由は、耐久性・耐火性・耐熱性が業界最高水準だから



焚き火シートなどに使われているガラス繊維に比べて40%分厚い。

 

他の火消し袋と比べてシリコンコーティング量が43%多い。




 





 

つくりがしっかりとしていて耐久性に優れているので、痛むことなく長く使用できます


FullSizeRender









 

ZEN Campsのアッシュキャリーは、我が家も使用していてお気に入りの火消し袋

 

我が家がZEN Campsのアッシュキャリーで気に入っている所は、下記の理由。


FullSizeRender


 







ZEN Campsの火消し袋をおすすめする理由



FullSizeRender










燃えカスや灰が入れやすい


  

ZEN Campsのアッシュキャリーは、自立することができ入り口が広いので、燃えカスや灰が入れやすいです


FullSizeRender










しっかりとした素材


 

素材に厚みがあり、触り心地がチクチクしないので、質感がとても良い火消し袋

 

つくりがしっかりとしているので、耐久性に優れており、痛むことなく長く使用できます。


 
FullSizeRender










コンパクト


 

折りたたむことでコンパクトにでき、持ち運びや収納に場所をとりません


 

我が家は、キャンプで頻繁に使用することもあり、車に常に入れています。




 

手のひらサイズの大きさなので、車に入れっぱなしにしても邪魔になりません。

 

FullSizeRender










水を使わない



ZEN Campsのアッシュキャリーは、水を使わず空気を遮断して鎮火させます


 

空気を遮断することで、完全に鎮火させることができます。

 

FullSizeRender










水で洗える


 

火消し袋は、燃えカスや灰を入れるので汚れます


 

汚れたら洗うことができるので、とても便利。


FullSizeRender

 









我が家は、少しの汚れだと叩いて取ります


 

汚れがひどくなったら水洗いをする感じです。


 FullSizeRender










かっこいい


 

見た目がかっこいいのもZEN Campsのアッシュキャリーの良い所


 

黒色なのでスタイリッシュでおしゃれな感じ、置いておくだけで火消し袋ですがインテリアにもなります。




 

ZEN Campsのロゴもかっこいいですよ。

 

FullSizeRender

FullSizeRender










注意すること


 

炎が上がっているものや非常に高温なものは、入れることをおすすめできません」



我が家は、燃えカス・灰・炭など、温度が少し落ち着いた状態で入れます。




 

燃えカス・灰・炭など入れると、底の部分が5分程熱くなりますが、15分もすれば完全に鎮火します。

 

FullSizeRender










おすすめな所


 

ZEN Campsのアッシュキャリーは、耐熱性のある特殊素材を採用しており、薪や炭を熱いまま入れることができます


 

袋の口を折り曲げて閉じることで空気を遮断し、完全に鎮火することができ、そのまま持ち帰ることができます。


FullSizeRender










アッシュキャリーの使い方



FullSizeRender








 

①ZEN Campsのアッシュキャリーを自立させて、燃えカス・灰・炭が入りやすいように、入り口を折り曲げます。

 

FullSizeRender

FullSizeRender










②燃え上がっているものや非常に高温のものは避けて、ある程度温度が落ち着いたら入れます。

 

FullSizeRender










③空気を抜きながら2〜3回程巻き、カラビナで留めます。


FullSizeRender









 

我が家は、そのまま紐を結んで固定しています


 

カラビナを使わない方が、固定しやすいです。


FullSizeRender









燃えカスや炭を入れて、5分程収納袋は熱をもちますが、15分程すると完全に鎮火します


 

簡単手軽に燃えカス・灰・炭を入れられて鎮火でき、持ち運びやすいので、ZEN Campsのアッシュキャリーは、かなり使いやすい火消し袋。


FullSizeRender

 









サイズ



FullSizeRender









ZEN Campsのアッシュキャリーには、Sサイズ・Mサイズ・Lサイズの3種類があります


FullSizeRender







Sサイズは幅24×高さ25cm。

 

Mサイズは、幅29cm×高さ32cm

 

Lサイズは、幅34cm×高さ38cm








 

Sサイズは、ソロ用の小さな焚き火台を使用している方におすすめ


 

コンパクトに持ち運びと収納ができます。


FullSizeRender

























 

「Mサイズは、3種類の中で一番売れていて人気の商品


 

入り口が大きいので、燃えカスや灰がスムーズに入ります。

 



2回分の燃えカスや灰が入れられるので、連泊をよくする方にもおすすめ。


FullSizeRender








 

ソロキャンプをされている方でも大きな焚き火を使用している人、ファミリーでキャンプをよくされる方にもおすすめ


FullSizeRender
























 

Lサイズは火消し袋だけではなく、焚き火シートとして使える優れもの


 

薪や焚き火の時に使う小物も入れるので、とても便利。


FullSizeRender









 

入り口がかなり大きいので、燃えカスや灰がスムーズ入ります


 

グループでよくキャンプをされる方にもおすすめ。

 

 

FullSizeRender

 














 









 

まとめ


FullSizeRender









今回は、火消し袋のZEN Campsのアッシュキャリーの使い方を紹介しました。


 

ZEN Campsのアッシュキャリーは、火消し袋で一番人気があり売れている商品。

 

我が家も大変便利に使用しています。

 

ZEN Campsのアッシュキャリーは、折りたたむと手のひらサイズになるので、かなりコンパクト。


 

我が家は、キャンプで頻繁に使用することもあり、車に常に入れています。


 

ZEN Campsのアッシュキャリーは、自立することができるので、1人で燃えカスや灰を入れることができます。


 

出入り口も広いので、とても便利。

 

以上、「使用レビュー!火消し袋の使い方は超簡単!炭や焚き火が入れられる
」でした。











キャンプ用品セール
(ナチュラム)
 
Check!









 











キャンプ用品セール
(amazon)
Check!











キャンプ用品セール
(楽天)
Check!















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック