FullSizeRender








「年間50泊程、キャンプをする我が家



真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。

 

FullSizeRender










最近は、キャンプブームということで、いろいろなブランドからキャンプアイテムが発売されています」


 

いざ購入しようと思ってもたくさんあり過ぎて、どのブランドのキャンプアイテムを選んだらいいか迷います。

 



購入に迷ったら、人気があって売れている商品を選ぶのもひとつの方法。


FullSizeRender








 

人気があって売れているということは、たくさんの方が使用されていて、他に比べて使い勝手が良いのだと思います


 

今回紹介するのが、現在売れていて人気のある火消し袋。



 

一昔前までは、燃えカス・灰・炭などを入れるのに、火消し壺がよく使われていましたが、現在は火消し袋が主流。


FullSizeRender








 

火消し壺から火消し袋に主流が移ってきた理由は、コンパクトに収納でき持ち運びができるから


 

それと、火消し袋を販売するブランドも増え、選択の幅が広がってきて、選びやすくなってきたのだと思います。


FullSizeRender








 

今回は、現在売れていて人気のある火消し袋について、デメリットはあるのか?など詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 








2020011652





*タイトル
火消し袋にデメリットはあるのか?コンパクトなのでソロキャンプに便利


FullSizeRender








 

キャンプやバーベキューをすると、必ず発生するのが焚き火や炭の燃えカス・灰


 

有料のキャンプ場の多くは、燃えカスや灰の処分ができます。




 

我が家も有料のキャンプ場を利用する場合、燃えカスや灰を処分させてもらっています。


FullSizeRender








 

困るのは、燃えカスや灰が処分できない無料のキャンプ場

 

我が家の利用する無料キャンプ場の多くは、燃えカスや灰が処分できません。




 

燃えカスや灰を処分できない場合、必要なのが燃えカスや灰を持ち帰ることのできる入れもの。


FullSizeRender









 

一昔前は、燃えカスや灰を入れるのに、火消し壺がよく使われていました


 

火消し壺がよく使われていた理由は、火消し壺に入れるしか、選択がなかったという理由が大きいと思います。


FullSizeRender

 








現在は、火消し壺から火消し袋に主流が変わりつつあります


FullSizeRender








 

最近、火消し袋をよく使われている一番の理由が、収納や持ち運びがコンパクトだから

 

コンパクトに収納と持ち運びができるので、ちょっとしたスペースに入れることができます。

 



我が家は車に常時入れていて、使いたい時にパッと出して使用します。

 

FullSizeRender

 








最近は、火消し袋がいろいろなブランドから発売されていて選びやすくなり、選択な幅が広がったのも人気が高まった理由だと思います


 

人気がありよく使われている火消し袋を、使用するメリットはたくさんありますが、デメリットも多少あります。


FullSizeRender

 









火消し袋のデメリット


火消し壺と違い、炎が上がっているものや非常に高温なものは入れらない


 

我が家は、燃えカス・灰・炭などの温度が、落ち着いた状態で入れています。




 

温度が落ち着いた状態で入れると、5分程底が熱いですが15分もしたら完全に鎮火します。

 

FullSizeRender









大きな燃えカスが入らない


FullSizeRender









 

火消し袋によっては、入り口の狭いものがあり、燃えカスや灰が入れにくい場合がある


FullSizeRender








 

火消し袋は、少々値段が高いものが多く、手軽に購入できない


FullSizeRender









 

上記のように火消し袋は、少々のデメリットがありますが、メリットの方がたくさんあるので、購入する価値はあると思います


 

最近は、火消し袋がいろいろなブランドから発売されていますが、我が家はZEN Campsのアッシュキャリーを使用。




 

ZEN Campsのアッシュキャリーは、火消し袋で一番売れていて人気の商品。


FullSizeRender







 

売れていて人気のあるのは、それだけの理由があると思います


 

我が家が、ZEN Campsのアッシュキャリーを、おすすめするメリットは下記の通り。


FullSizeRender

 









しっかりとしたつくり


 

素材に厚みがありしっかりとしたつくり


 

チクチクした感じが全くなく、質感が良いのが特徴。

 



つくりがしっかりしているので耐久性があり、痛むことなく長く使用できるのが、ZEN Campsのアッシュキャリーの良い所。

 

FullSizeRender










入れやすい


ZEN Campsのアッシュキャリーは、自立することができるので、1人でも燃えカスや灰が入れやすいです


 

入り口も広いので、燃えカスや灰を入れるのに便利。

 

FullSizeRender










コンパクト



折り畳むと手のひらサイズになり、持ち運びや収納がコンパクト


 

我が家は車に常に入れていて、使いたい時にパッと出して使用しています。




 

手のひらサイズでコンパクトになるので、ちょっとした隙間に入れることが可能。

 

FullSizeRender










水を使わない


 

ZEN Campsのアッシュキャリーに燃えカスや灰を入れ、袋の口を閉めることで空気を遮断し、鎮火させます


 

空気を遮断させるので、完全に鎮火でき安全で安心。




 

鎮火に、水は一切使用しません。


FullSizeRender

FullSizeRender











水洗いができる


 

ZEN Campsのアッシュキャリーは、汚れたら水洗いができるので、常にきれいな状態を保てます

 

 

火消し袋なので、燃えカスや灰を入れたら必ず汚れます。汚れは、叩くとある程度はとれます。



 

我が家は、汚れがひどくなったら水洗いをしてきれいな状態にします。

 

FullSizeRender

FullSizeRender











かっこいい

 

ZEN Campsのアッシュキャリーは、見た目がよくスタイリッシュ

 

ロゴのZEN Campsも、とてもおしゃれ。

 



見た目がよくおしゃれでかっこいいので、火消し袋ですが置いとくだけで、インテリアにもなります。


 FullSizeRender










注意すること

 

炎が上がっているものや非常に高温のものは、入れない方が無難


 

我が家は燃えカス・灰・炭の温度が落ち着いてきたら、入れるようにしています。





燃えカス・灰・炭を入れて5分ぐらいは底が熱くなりますが、15分程経つと完全に鎮火できます。


FullSizeRender










鎮火のさせ方

 

ZEN Campsのアッシュキャリーは、耐熱性素材でつくられている為、少し熱をもった使用後の燃えカス・灰・炭などを入れることができます


 

袋の口を閉めることで、空気を遮断し完全に鎮火させることができるので安心で安全。

 

 
FullSizeRender










おすすめな理由

 

ZEN Campsのアッシュキャリーは、耐熱性・耐久性・耐火性が、業界の最高水準

 

焚き火シートなどに使われる、ガラス繊維に比べて40%分厚い。

 



他の火消し袋に比べて、シリコンコーティングが43%多い。

 

FullSizeRender










使い方


①ZEN Campsのアッシュキャリーを自立させて、燃えカスや灰が入りやすいように入り口を折り曲げます。


FullSizeRender










 

②炎が上がっているものや、非常に高温のものを避け、温度がある程度落ち着いたものを入れます。


FullSizeRender









 

③燃えカス・灰・炭などを入れたら2〜3回巻き上げ、空気を完全に遮断して鎮火させます。


5分ぐらいは底が熱くなりますが、15分程もしたら完全に鎮火できます。


FullSizeRender

FullSizeRender










サイズ

 

ZEN Campsのアッシュキャリーには、Sサイズ・Mサイズ・Lサイズの3種類があります


 FullSizeRender







Sサイズは幅24×高さ25cm。

 

Mサイズは、幅29cm×高さ32cm

 

Lサイズは、幅34cm×高さ38cm










「Sサイズは、ソロ用の小さな焚き火台を使用されている方におすすめ」



コンパクトに、持ち運びと収納ができます。


FullSizeRender

























 

Mサイズは、3種類の中で一番売れていて人気のサイズ

 

入り口が大きいので、燃えカスや灰が入れやすいです。



 

2回分の燃えカスや灰が入れられて、連泊をする時にも便利。


FullSizeRender









 

ソロキャンプをされる方でも焚き火台のサイズが大きい方や、ファミリーキャンパーにおすすめ


FullSizeRender
















 








 

Lサイズは、火消し袋だけの使い方ではなく、焚き火シートとして使える優れもの


 

入り口がかなり大きいので、燃えカスや灰が楽に入れられます。



 

薪や焚き火の道具も入れることもできるので、とても便利。


FullSizeRender









 

グループキャンプをよくする方にもおすすめ



FullSizeRender

 














 










まとめ



 FullSizeRender


 







今回は火消し袋のデメリットを、詳しくブログで紹介しました。


 

デメリットはそれ程なく、メリットの方が上回るので、火消し壺より火消し袋の方が絶対におすすめ。

 

 

我が家も火消し壺より、火消し袋の方を使っています。


 

火消し袋は、コンパクトになるのが最大のメリット。

 

ZEN Campsのアッシュキャリーは、折り畳むことで、手のひらサイズになる優れもの。


 

我が家は、車に入れっぱなしにしていて、使用する時にパッと出して使います。

 

 

コンパクトに収納できるので、ソロでキャンプをされる方にもおすすめできます。


以上、「火消し袋にデメリットはあるのか?コンパクトなのでソロキャンプに便利
」でした。











キャンプ用品セール
(ナチュラム)
 
Check!









 











キャンプ用品セール
(amazon)
Check!











キャンプ用品セール
(楽天)
Check!















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック