FullSizeRender








「年間50泊ほど、キャンプをする我が家


 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。


IMG_9040








 

年間50泊もすると、ほぼ毎週がキャンプ


 

キャンプに行く時間が増えれば増える程、快適に過ごしたいと思います。


IMG_9028







 

春や秋キャンプは寒暖差で、昼間は気温が上がりますが朝晩が冷え込みます

 

冬キャンプは、1日を通して寒いまま。




夏キャンプを除く春・秋・冬キャンプに、寒さ対策は必要です。



IMG_3768








 

寒さ対策をきっちりしないと、春・秋・冬キャンプを快適には過ごせません


 

特に冬のキャンプは、しっかりとした寒さ対策が不可欠。


IMG_5298







 

「気温が下がる季節、快適に過ごす為の寒さ対策はいろいろとあります


 

いろいろある寒さ対策の中で、気をつけてほしいのが地面からの冷気。



 

寒い季節、気温が下がると必ず発生するのが地面からの冷気。


FullSizeRender







 

地面を手で触ると冷たいのが冷気で、テントの床部分からも冷気が発生します


 

テントに何も敷かず寝転がると、冷たく感じるのが冷気。


 

地面からの冷気対策をしないと、寒い季節は快適に過ごせません。


FullSizeRender






 

「我が家はソロやデュオキャンプが多いので、冷気対策にコットを使うことが多いです」

 

コットは地面との距離があるので、地面からの冷気を受けにくいです。


FullSizeRender







 

手軽に設置ができて、地面からの冷気を受けにくいのがコット寝の良い所


FullSizeRender







 

今回は我が家もよくするコット寝について、サイズが小さいソロテントを使用した際、コットが入らない場合はどうしたらいいのか?詳しくブログで紹介したいと思います。

 







2020011652





*タイトル
テントにコットが入らない場合どうしたらいいの?詳しくブログで紹介


FullSizeRender








サイズが小さいソロテントを使用すると、テントにコットが入らない場合があります


 

コットが入らない場合はテントの中で組み立てるという方法があり、テントの中で組み立るとだいたいのコットが入ります。


FullSizeRender








「テントの中でコットを組み立てることができない場合は、コット寝をやめてマットを使って就寝するのもひとつの方法


FullSizeRender


テントにコットが入らない→マット寝に切り替える

 








インフレーターマットを敷くと、地面からの冷気対策になります


 

寒い季節でもインフレーターマットを敷くことで、地面からの冷気は全く感じません。



 

コットを使わずインフレーターマットでも十分過ぎる程、快適に就寝できます。


FullSizeRender










地面からの冷気


 

気温が下がると、必ず発生するのが地面からの冷気


 

手で触ると冷たいのが冷気で、テントの床部分からも発生します。



 

テントに何も敷かず寝転がると冷たいのが冷気。


FullSizeRender







 

インフレーターマットを敷くことで、地面からの冷気を完全に遮断します


FullSizeRender

 










WAQのインフレータブル式マット


 

インフレーターマットは、中にウレタンフォームが入っており、空気で膨らませるアウトドア用のマットレス


 

中にウレタンマットが入っていて厚みがある為に、地面のゴツゴツ感や硬さを吸収。



 

地面からの冷気も遮断してくれます。


FullSizeRender




 



 

インフレーターマットでおすすめなのが、WAQのインフレータブル式マット

 

FullSizeRender









WAQのインフレータブル式マットは、キャンプで使うインフレーターマットで、一番人気があり売れている商品


FullSizeRender







 

WAQのインフレータブル式マットの人気があり売れている理由は、使い勝手と寝心地の良さ

 

 

我が家はWAQのインフレータブル式マットを夫婦で使用しており、寝心地が良いので朝まで快適に就寝しています。


FullSizeRender







 

WAQのインフレータブル式マットの寝心地が良い理由は、ひし形のウレタンフォームを採用している為

 

 

ウレタンフォームの真ん中部分をひし形に打ち抜くことで、程よい沈み込みを実現。



 

エアーベッドのように体が浮く感じや、低反発マットのような体が沈み込むことがありません。


IMG_9591







 

WAQのインフレータブル式マットは、8cmの厚みで地面の硬さやゴツゴツ感を吸収


FullSizeRender







 

キャンプ場の地面は、コンディションの良い芝サイトだけではありません


 

コンディションの悪い砂利や、石ころが混じった土サイトなどもあります。

 

FullSizeRender







 

砂利や石ころの混じったサイトでも、8cmの厚みが地面からのゴツゴツ感や硬さを吸収して、快適に就寝ができます


FullSizeRender







 

マットの断熱材を表すのに、R値という数字があります


 

R値が高いほど冷気が伝わりにくく、断熱効果が高いマットになっています。


FullSizeRender







 

春や秋キャンプは、R値が2.1以上必要


 

冬キャンプだとR値が3.3以上あれば、暖かく就寝ができます。


FullSizeRender







 

WAQのインフレータブル式マットはR値が6あります」


 

R値が6もあるので、真冬のキャンプでも地面からの冷気を完全に遮断し、暖かく就寝できます。


FullSizeRender







 

WAQのインフレータブル式マットは、地面からのゴツゴツ感や硬さを吸収し、真冬のキャンプでも冷気を遮断してくれる寝心地の良いマット

 

FullSizeRender







 

WAQのインフレータブル式マットは、特大バルブを2つ搭載


 

バルブを開いて3分放置するだけで設置が可能。



 

自動で膨らむので、全く手間がかかりません。


FullSizeRender

FullSizeRender







 

収納はバルブを開いて空気を抜きながら巻いていきます


 

最後まで巻いて、付属の収納袋に入れたら片付けは完了。


 

WAQのインフレータブル式マットは、設置と収納がとても簡単。


FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender








裏面には、マットがずれない滑り止め加工


FullSizeRender







 

両サイドには連結用のボタンがあり、複数繋げることも可能


FullSizeRender







 

カラーは、ネイビー・タン・オリーブ・ブラックの4色から選べます

 

FullSizeRender







 

我が家は、WAQのインフレータブル式マットを年間50泊のキャンプに使用しており、朝まで快適に就寝しています


 

夫婦で使っていて、かなり満足しているマットです。


FullSizeRender







 

寝心地が良いマットを探しておられる方に、WAQのインフレータブル式マットはおすすめ

 

FullSizeRender

























まとめ



FullSizeRender







 

今回はテントにコットが入らない場合、どうしたいいのかを記事にしました。


 

我が家も夫婦でキャンプに行くので、コットはよく使用します。


 

コットを使用するメリットは、荷物が少なくてすむこと。


 

気温が下がると、必ず発生するのが地面からの冷気。



手で触ると冷たいのが冷気で、テントの床部分からも冷気が発生します。

 


テントに何も敷かず寝転がると、冷たく感じるのが冷気。


 

寒い季節は地面からの冷気対策が必要です。


 

コットを使用すると地面との距離ができるので、地面からの冷気を受けにくいです。


  

ソロやデュオキャンプだと、コット寝がとてもやりやすいです。


 

ただテントが小さい場合は、コット寝がやりにくくなります。


 

テントにコットが入らない場合は、テントの中でコットを組み立てて下さい。


 

それでも入らない場合は、コット寝ではなくマット寝にするのもひとつの方法。


 

我が家はWAQのインフレータブル式マットを使用。


 

WAQのインフレータブル式マットがあれば、地面からの冷気を遮断。

 

厚みが8cmあるので、朝まで快適に就寝できます。


 

WAQのインフレータブル式マットは、楽天の寝具マットランキングで常に上位のマット。


 

人気があり売れているのは、それだけの理由があります。

 

寝心地がよく使い勝手が良いのでおすすめします。



我が家はWAQのインフレータブル式マットで、年間50泊夫婦でキャンプをしています。

 

WAQのインフレータブル式マットがあれば、朝まで快適に就寝できます。

 

 
以上、「テントにコットが入らない場合どうしたらいいの?詳しくブログで紹介
」でした。







キャンプ用品セールCheck!
(ナチュラム)
 











キャンプ用品セール
Check!
(amazon)

























キャンプ用品セールCheck!
(楽天)
















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック