FullSizeRender








「年間50泊程、キャンプをする我が家


 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。


FullSizeRender







 

「年間50泊もキャンプをしていると、ほぼ毎週がキャンプ


 

キャンプに行く時間が長ければ長い程、快適に過ごしたいと思います。


FullSizeRender







 

春や秋は寒暖差で、昼間は気温が上がりますが朝晩が冷え込みます

 

冬キャンプは、1日を通して寒いまま。

 


夏キャンプを除く、春・秋・冬キャンプに寒さ対策は必要です。


FullSizeRender


 

 




寒い季節、手軽に使えて重宝する暖房器具が石油ストーブ

 

我が家も寒い季節のキャンプは、必ず石油ストーブを使用しています。


FullSizeRender







 

石油ストーブは、対流式と反射式の2種類があります


 

我が家は対流式の石油ストーブを3台、反射式の石油ストーブを1台保有しています。


FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender







 

反射式の石油ストーブは、持ち運びが大変ということで、キャンプではあまり使用していません


 

数回キャンプで使用しましたが、かなり不便に感じてしまいました。


FullSizeRender







 

キャンプで持ち運びと運搬が大変なので、これから反射式の石油ストーブを購入する予定のある方はおすすめしません


FullSizeRender







 

車で持ち運びされるなら、タンク一体型の対流式石油ストーブをおすすめします


IMG_1152







 

今回は、反射式石油ストーブの運搬と持ち運びについて、詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 







2020011652





*タイトル
徹底解説!キャンプで反射式石油ストーブの運び方と運搬方法!メリットとデメリットも詳しくブログで紹介


FullSizeRender




反射式石油ストーブ


IMG_7080







 

反射式石油ストーブは、後方に反射板が備え付けてあり、燃焼された熱が反射板に反射し、ストーブ正面に熱を集中させます


 

ストーブで燃焼した空気が上昇し、対流することで全体を暖める対流式石油ストーブとは全く違う構造。




 

キャンプでは石油ストーブの近くにいることが多いので、どちらかというと反射式石油ストーブの方が輻射熱効果で暖かいです。


IMG_7083







 

使用して暖かい反射式石油ストーブですが、キャンプではおすすめしません


 

反射式石油ストーブの多くは、タンクが別になっており、車で運ぶ場合タンクの中にある灯油を全て抜かないと燃料漏れを起こしてしまいます。

 

FullSizeRender










反射式石油ストーブ



我が家は、下記のようなコロナの反射式石油ストーブを使用しています

 

FullSizeRender








我が家が使用するコロナ製やトヨトミ製・アラジン製でも同じですが、反射式石油ストーブはタンクが分離しています

 

タンク分離式のデメリットは、タンクに灯油が入った状態で車で持ち運ぶと、燃料漏れを起こしてしまいます。



尚且つ、本体の受け皿も灯油が溜まっているで漏れてしまいます。

 

FullSizeRender








タンクの燃料を全て抜き、本体の受け皿も灯油を抜く必要があります

 

IMG_7060








反射式石油ストーブは、キャンプの行きと帰りに運搬するので、灯油を抜く作業は2回必要


 FullSizeRender



 

燃料を漏らさないように運搬


タンクを空にし受け皿の灯油を抜く




 

 



燃料漏れは、車の揺れや振動によっておきます


 

反射式石油ストーブに燃料を入れて車で持ち運ぶと、必ず燃料漏れを起こしてしまいます。

 

 

FullSizeRender










反射式石油ストーブの持ち運びと運搬


反射式石油ストーブは、本体とタンクが分離しています。


 

タンクにある全ての灯油を、抜き取って下さい。

 

FullSizeRender








ダイソーで購入したスポイドで、本体の受け皿に溜まっている灯油を吸い出します。


 

傾けると、中に入っている灯油が出てくるので、スポイドで完全に灯油を抜きます。

 

FullSizeRender







 

もし灯油漏れが心配ならタンクを上下逆にし運搬。

 

完全に灯油を漏らさず運搬する為に、タンクを上下して設置。




 

タンクを上下にすることで、タンク内に多少の燃料が残っていても運搬で燃料漏れを起こしません。


FullSizeRender







 

燃焼筒が外れるのが心配な方は、タオルなどを使って燃焼筒のまわりを固定して下さい。


 

我が家は燃焼筒を固定せずに、そのまま車で運んでいます。

 

FullSizeRender










ヒューナースドルフ



我が家は灯油を入れるタンクに、ヒューナースドルフの燃料タンクを使用


 

ヒューナースドルフの燃料タンクは、キャンプで使う灯油入れで1番人気があり売れている商品。



 

ミリタリーカラーでおしゃれなデザイン。


FullSizeRender







 

国連の認証を受けたヒューナースドルフ製のポリタンクは、安全性が高く信頼性のあるのが特徴


 

蓋がチャイルドロック機構になっており、密閉性が高く車で運んでも灯油漏れを起こしません。


IMG_1573







 

我が家は、ヒューナースドルフの燃料タンク5Lと10Lを保有しています

 

FullSizeRender








キャンプに持っていき持ち運びされるなら10Lサイズより、コンパクトで持ち運びやすい5Lサイズがおすすめ


FullSizeRender

 
























反射式石油ストーブのデメリット



暖めるのに時間がかかる


対流式石油ストーブと違い、対流を発生させて部屋全体を暖める効果が低く、部屋全体を暖めるのに時間がかかってしまいます。

 

IMG_7082







 

運搬が大変

 

反射式石油ストーブは、本体とタンクが分離しており、灯油を漏らさず運搬するには、タンクと本体の燃料を空にする必要があります。




 

運搬に大変な反射式石油ストーブは、キャンプの使用には向いていません。



FullSizeRender


 





 

見た目がおしゃれではない


 

子供の頃、冬の暖房に反射式石油ストーブをよく使用してたこともあり、形やカラーが懐かしい感じがします。




 

反射式石油ストーブといえば昭和という雰囲気があり、見た目に古臭さを感じてしまいます。

 

IMG_7081








対流式石油ストーブのような、見た目の華やかさはありません

 

 FullSizeRender




 






反射式石油ストーブのメリット

  

正面が暖かい

 

反射式石油ストーブは、燃焼筒の奥に反射板が設置されており、熱が反射板を通して反射し、輻射熱で集中的に温めてくれます。

 

IMG_7083







 

輻射熱効果

 

輻射熱効果で遠赤外線が発生し、じんわりと体全体を温めてくれます。

 


体が温まる効果は緩やかで、熱くなり過ぎることがなく快適な温度を実現。



IMG_7085








体の芯まで温める

 

輻射熱効果で遠赤外線が発生し体の芯まで温まり、一度温まると冷めにくいのが特徴。

 

IMG_7087








壁の端に置ける


 

反射式石油ストーブは反射板がある為、熱が前面と上面のみ熱くなるので、壁に寄せて部屋の隅に置くことも可能。

 

IMG_7081










キャンプでは対流式石油ストーブがおすすめ



FullSizeRender







 

我が家は、対流式と反射式の両方の石油ストーブを保有しています

 

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender








キャンプで、反射式の石油ストーブを使用したのは数回のみ


 

反射式の石油ストーブは、タンクと本体の燃料を空にしないと車で運搬する時に、燃料漏れを起こします。

 

FullSizeRender








キャンプの往復に、燃料を2回抜く作業が割と大変


 

燃料を抜く作業が大変なので、キャンプで反射式の石油ストーブはおすすめしません。

 

FullSizeRender









小型対流式石油ストーブ

 

キャンプで車の持ち運びに便利なのが、小型対流式石油ストーブ


 

小型対流式石油ストーブの部類に入るのが、フジカハイペット・レインボーストーブ・パセコストーブ・アルパカストーブ・グローストーブ。

 

FullSizeRender








フジカハイペット・レインボーストーブ・パセコストーブ・アルパカストーブ・グローストーブの全ての石油ストーブは、タンク一体型になっており、灯油を入れて運搬しても燃料漏れを起こしません


 
キャンプで使うなら持ち運びやすくて燃料が漏れない小型の対流式ストーブがおすすめ。


FullSizeRender











レインボーストーブ




レインボーストーブの特徴は、連続燃焼時間が20時間もある圧倒的な燃費の良さ


灯油を満タンにして、ハイパワーで使用しても20時間使えます。

 

FullSizeRender








1泊2日のキャンプなら、灯油を満タンにして持っていけば、補給用のポリタンクが必要ありません


 

ポリタンクがいらないので、荷物の削減にもなります。



FullSizeRender







 

ガラスには特殊なレインボー加工がされており、7色に輝く炎を実現


 

40wの明るさで、全体を優しく照らしてくれます。

 



炎がきれいで、見て癒されるのがレインボーストーブの特徴。



FullSizeRender

FullSizeRender



トヨトミレインボーストーブ

●燃焼継続時間:20~40時間 

暖房出力:2.5kW 

寸法:388X474X388(h) 

質量(Kg): 6.2























パセコストーブ


 

パセコストーブは、キャンプで使う石油ストーブで人気の商品


FullSizeRender







 

パセコストーブの人気がある理由は、圧倒的な値段の安さ


 

暖房出力が3.0kwあるので、冬キャンプでも使えます。

 

 IMG_1635




パセコストーブ

●燃焼継続時間:
18時間 

●暖房出力:3.0kW 

●寸法(置台を含む):
Φ325×441

質量(Kg): 5.2























アルパカストーブ


 

アルパカストーブは、韓国製の石油ストーブですが、PSCマークに加えてJHIAマークを所得


 

日本の厳しい安全基準をクリアしており、日本の石油ストーブと同様に、安心して使用できます。


FullSizeRender







 

暖房出力が3.0kwあるので、冬キャンプでも使える暖かさ


FullSizeRender



アルパカストーブ

●燃焼継続時間:
10時間 

暖房出力:3.00kw 

寸法:405×350×350(h) 

重量:6.4㎏


























グローストーブ


 

スノーピークから発売されているのがグローストーブ


 

スタイリッシュなデザインで、カラーのブラック色がかっこいいです。


FullSizeRender







 

暖房出力が2.54kwとやや低めですが、冬キャンプでも問題なく使用できます

 

 
FullSizeRender



グローストーブ 

燃焼継続時間:20時間 

暖房出力:2.54kW 

寸法: 388X388X474(h) 

質量(Kg): 5.9






















我が家は灯油の燃料入れに、ヒューナースドルフの燃料タンクを使用しています

 

FullSizeRender

 
























まとめ



FullSizeRender







 

今回は、キャンプで反射式石油ストーブの運搬の仕方を紹介しました。

 

反射式石油ストーブは、タンクと本体が分離しています。


 

分離しているタンクに、燃料をそのまま入れて持ち運ぶと漏れてしまいます。

 

 

燃料漏れを起こさず車で運ぶには、タンク・本体受け皿の燃料を空にする必要があります。

 

 

反射式の石油ストーブは、持ち運びが大変ということで、キャンプでは使用していません。


 

数回キャンプで使用しましたが、かなり不便に感じてしまいました。


 

キャンプでは持ち運びと運搬が大変なので、これから反射式の石油ストーブを購入される方はおすすめしません。

 

車で持ち運びされるなら燃料が一体した対流式石油ストーブをおすすめします。


 

以上、「徹底解説!キャンプで反射式石油ストーブの運び方と運搬方法!メリットとデメリットも詳しくブログで紹介」でした。

 

 

 

 



キャンプ用品セールCheck!
(ナチュラム)
 











キャンプ用品セール
Check!
(amazon)











 













キャンプ用品セール
Check!
(楽天)
















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック