FullSizeRender








「年間50泊ほど、キャンプをする我が家


 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。


IMG_9040








「最近はキャンプ人気が落ち着いてきましたが、それでもさまざまなブランドからキャンプギアが発売されています

 

 

さまざまなキャンプギアが発売されているので、キャンプでいろいろなスタイルができます。



 

いろいろなスタイルの中で、よくやられているのがロースタイル。


FullSizeRender







 

ロースタイルは椅子やテーブルの高さを低くして、目線を地面の近くまでもっていき楽しむスタイルです


 

足を伸ばしてゆったりとくつろげ、リラックスすることが可能。


IMG_1331








 

キャンプでリラックスできるロースタイルですが、腰痛のある方は注意して下さい


 
IMG_2104








今回は腰痛がある人に必見、腰痛になりにくい椅子を詳しくブログで紹介したいと思います。

 

 






2020011652





*タイトル
【レビュー】キャンプで腰痛は椅子が原因か?対策を紹介


FullSizeRender







 

キャンプで腰痛になる原因は、いろいろあると思います


 

例えば急激に重いものを持ったり、無理な姿勢でいると腰に負担がかかり、腰痛になるリスクがあります。



 

腰痛で急性のものは、ギックリ腰とも呼ばれています。


IMG_2209







 

腰痛は、椅子で起こりうる場合もあるので注意が必要

 

IMG_5400










腰痛は椅子が原因か?



IMG_1432







 

人は自然に椅子に座っているだけでも無意識に腰回りの筋肉を使っています


 

正しい姿勢で座っている場合は、余計なエネルギーを使わない為、筋肉は疲れにくい状態を保ちます。



 

姿勢が悪い状態で長時間椅子に座っていると、それだけの時間、腰に負担をかけることになります。


FullSizeRender







 

腰痛になりにくい座り方は、上半身に無駄な力が入らないこと


 

上半身に力が入る座り方をしていると、腰痛になるリスクが増してしまいます。



 

腰痛にならないようにするには、坐骨で座ることが重要。


IMG_9620







 

椅子に座る時、坐骨に上半身の体重を乗せるようなイメージで、体に力が入っていない状態にすると腰の負担が軽減されます


2021112801 (68)










低い椅子

 

IMG_1331








 

キャンプで使う椅子にローチェアを使うと、腰や膝に負担がかかりやすくなります

 

 
FullSizeRender








ローチェアは重心が低いので、一見安定しているかのように思えます


 

膝が直角に曲がっていないので、ふくらはぎの筋肉による支えが少なく、腰に負担がかかりやすくなります。

 


慢性的な腰痛の方や腰が弱い人は、低すぎる椅子を選んでしまうと、キャンプで腰痛を悪化させる場合があるので注意して下さい。



IMG_5400










ローチェア30

 

FullSizeRender







 

スノーピークから発売されているローチェア30は、腰痛の方におすすめできる椅子

 

 
FullSizeRender








年間50泊のキャンプ、我が家はいろいろなチェアに座ってきましたが、比較的腰痛の方でも座りやすいと感じたのがローチェア30


 

ローチェア30は座面の高さが30cmあり、他のローチェアに比べて立ち上がるのに楽。

 

2021112801 (68)








どちらかというとローチェア30は、座面が高いのでハイチェアに近い椅子

 

他のローチェアほど座面が低くないので、スムーズに立ち上がり座ることができます。

 

IMG_9620








最も腰痛の方におすすめするポイントは座面の硬さ

 


腰痛になりにくいのは、高さがある程度あって、座面が適度に硬い椅子。



 

座面が柔らか過ぎると姿勢を安定させようとして、気付かないうちに筋力を使い、腰が疲れやすくなってしまいます。


2021112801 (69)







 

ローチェア30は座面が適度に硬いので、腰の負担を軽減されます

 

FullSizeRender








ハイバックのチェアで背もたれも高いので、座っていてかなりリラックスできます


 

長時間座っていても疲れにくいのがローチェア30の良さ。

 

FullSizeRender








ローチェア30は、材質がポリエステル生地になっており、汚れが取れやすく色あせもしにくいです

 

FullSizeRender








最近は、キャンプ人気が落ち着いてきましたが、それでもいろいろなブランドから椅子が発売されています


 

ローチェア30は、昔から今も人気があるロングヒット商品。



 

流行り廃りがないので、長く使用できます。


FullSizeRender








ローチェア30の口コミと評判は、下記のような感じ


FullSizeRender



●沈みこまずしっかりしているので腰に優しく、太ももがあたる部分が楽です。

●浅く座っても脚が上がらない安定性。作業しやすい腰の高さ。立つ座るの動作がしやすい形。なんだかんだで、いつも選んで持っていきます。

●腰の据わりが良く、長時間座っても苦痛になりません。

●疲れないし腰も痛くならない。絶対後悔しない逸品。

●眠気がくればうたた寝が出来るし、腰も痛めにくくなりました。

●キャンプは座ってる時間が長いので落ち着けるチェアーです。特に腰が弱い方はおススメです。

●このローチェアの真骨頂は長時間座り続けた時です。本当に疲労感なく、腰にもまったく負担かからず、気がついたらずーっと座ってしまっている。

●座面の高さ、背もたれの角度、ひじ掛けの位置、すべてがパーフェクト。他のアウトドアチェアにももちろんこれよりも良い所はたくさんありますが、このローチェア30は総合点で優勝しているそんな一品です。

●膝痛や腰痛持ちにはちょうど良い高さ。

●生地の張りが強く腰痛持ちの自分には、沈む感じがなくとても良いです。



























まとめ

 

FullSizeRender








スノーピークから発売されているローチェア30は、腰痛の方におすすめできる椅子。

 

 

年間50泊のキャンプ、我が家はいろいろなチェアに座ってきましたが、比較的腰痛の方でも座りやすいと感じたのがローチェア30。


 

ローチェア30は座面の高さが30cmあり、他のローチェアに比べて立ち上がるのに楽。


 

どちらかというとローチェア30は、座面が高いのでハイチェアに近い椅子。


 

他のローチェアほど座面が低くないので、スムーズに立ち上がり座ることができます。


 

最も腰痛の方におすすめするポイントは座面の硬さ。


 

腰痛になりにくいのは、高さがある程度あって、座面が適度に硬い椅子。


 

座面が柔らか過ぎると姿勢を安定させようとして、気付かないうちに筋力を使い、腰が疲れやすくなってしまいます。


 

ローチェア30は座面が適度に硬いので、腰の負担を軽減されます。


 

ハイバックのチェアで背もたれも高いので、座っていてかなりリラックスできます。

 

長時間座っていても疲れにくいのがローチェア30の良さ。

 

 
以上、「【レビュー】キャンプで腰痛は椅子が原因か?対策も紹介」でした。






キャンプ用品セールCheck!
(ナチュラム)
 











キャンプ用品セール
Check!
(amazon)











 













キャンプ用品セール
Check!
(楽天)
















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック