2020122701 (1)








「冬のキャンプとは違い、春になってくるとだんだんと気温が上がってきて、暖房器具も少しずつ冬仕様から変化してきます」


真冬はしっかりとした暖かい暖房器具が必要ですが、春になると暖かくなり、冬場ほどの重装備はいりません。




冷え込むのは朝晩だけなので、朝晩さえ寒さに気をつけていれば、特に心配する必要はありません。


2020013008 (5)










冬キャンプ:


2019012101 (5)








「冬場、石油ストーブ1台だけでは、幕内はなかなか暖まりません」


冬場に幕内で快適に過ごすには、石油ストーブの2台体制や石油ストーブと他の暖房器具の併用が必要。




我が家は冬場、石油ストーブとカセットガスストーブを併用しています。


2019030701 (10)









「冬キャンプは、石油ストーブとカセットガスストーブの併用で幕内は20度以上あり、十分に暖かく快適でした」


電源サイトなら、電気毛布やホットカーペットが使えるので、自宅にいるより快適で過ごしやすかったです。


2019012601 (3)










春キャンプ:


IMG_0006 (4)









「春になってくると、寒いのは朝と夜だけ」


昼間は暖かいので暖房器具は必用ありませんが、朝晩は気温が下がってきます。


IMG_0037









「冷え込む朝晩の為に、暖房器具が必用」


テント内の温度も、一桁まで下がることはありません。




ミニセラミックヒーターやカセットガスストーブでも十分に幕内を暖めてくれます。


3019111701









今回は、春キャンプに必要な暖房器具を詳しくブログで紹介したいと思います。


春のキャンプで、暖房器具に悩まれている方は、ぜひ参考にして下さいね。









2016031402









お気軽にフォローして下さいね^^
 Instagram









春キャンプ:


2020100301 (5)









「春になると真冬みたいに冷え込むことが少ないので、電源がついていないサイトを利用される方が増えてくると思います」


春キャンプは、電源がないサイトでも大丈夫。




春キャンプでも時期によって違いますが、石油ストーブやカセットガスストーブが1台あると、幕内で暖かく過ごせます。


2020100301 (2)










3月のキャンプ:


2020013008 (5)









「3月は朝晩に冷え込むことが多いので、石油ストーブがあった方がテントやスクリーンタープ内で快適に過ごせると思います」


ホームセンター・家電量販店・ネットショップで、手軽に購入しやすいのがトヨトミのレインボー。




キャンプの定番の石油ストーブ、フジカハイペットやアルパカストーブがあった方が暖かいですが、春キャンプならトヨトミのレインボーで十分。


FullSizeRender









「冬キャンプをされない方でも、石油ストーブを1台持っておくと電源がない値段の安いサイトでも利用できるので、お金の節約にもなります」



トヨトミレインボーは燃費がよく、自宅で灯油を満タンにしておけば、1泊2日のキャンプなら灯油を追加しなくても大丈夫。




トヨトミレインボーは、灯油を満タンにして車で運んでも、灯油漏れは起こしません。


FullSizeRender






















4月、5月のキャンプ:


2018102101 (1)









「4月以降のキャンプは、カセットガスストーブ1台あれば十分」


昼間は暑いくらいなので、カセットガスストーブをつけなくてもよく、肌寒いのは朝と夜だけ。




夜もそれほど冷え込まないので石油ストーブは必要なく、カセットガスストーブがあれば十分だと思います。



2020102502 (10)









「我が家は、センゴクアラジンのガスストーブを使用しています」


センゴクアラジンのガスストーブは、ブルーフレームで有名なアラジン社のガスストーブ。




値段は3万円と、カセットガスストーブにしては高いですが、つくりがしっかりしているので長く使用できます。


2020100301 (2)









「燃料はカセットボンベで、どのメーカーから販売されているカセットボンベでもOK」



2018102101 (8)









「連続燃焼時間は、約1時間40分~4時間20分と記載されていますが、我が家は「強」で使用して、2時間使うことができました」



ダイヤルを回し、暖かさは無段階で調整が可能。


2018102102 (5)









「ブルーの炎がとても雰囲気がよく、眺めているだけで癒されます」


2018102103 (3)

2018102103 (4)









「センゴクアラジンのカセットガスストーブは、とてもおしゃれで見た目がいいのでおすすめ」


3019111701
























「カセットコンロで有名な、イワタニからもカセットガスストーブが販売されています」


























ミニセラミックヒーター:


2021101701 (41)









「電源サイトの場合、ミニセラミックヒーターがあれば、幕内は十分に暖かいです」


ミニセラミックヒーターは、収納がコンパクトで暖かく、キャンプで使用するのに良いと思います。


車の積載に場所を取らず、ファミリーでキャンプをされる方におすすめ。




ミニセラミックヒーターは、1台より2台あった方が、より暖かいと思います。



2021101701 (38)























「テント内で快適に過ごすなら、電気毛布やホットカーペットがおすすめ」


3月、4月のキャンプは、まだ底冷えがするので、我が家は電気毛布かホットカーペットを使用しています。





電気毛布をホットカーペットみたいに使うと、お尻がぽかぽかになります。


2021101701 (6)























「ホットカーペットをラグやインナーマットの下に敷くと、かなり暖かいです」


我が家は、ホットカーペットの2畳タイプを使用。




ホットカーペットのサイズ選びとして、2〜3人用のテントの場合は2畳タイプで、4人用のテントの場合なら3畳タイプがおすすめ。


2019012601 (3)
























ポーダブル電源:


FullSizeRender










ポータブル電源は、いろいろな容量が発売されており、容量が高いほど値段設定も高くなっています



ただ、値段が安いからといって、容量の低いポータブル電源を購入すると、使用できる電化製品が限られてきます。




キャンプで使うポータブル電源の容量は、最低でも400Wh以上のものを購入して下さい。


容量が高ければ高いほど、便利に使用できます。


FullSizeRender









おすすめは、ポータブル電源のjackery


FullSizeRender









jackery400は最大400Whの容量、jackery700だと最大700Whの容量



400Whの容量があると、例えば100Whを消費する機器だと、約4時間動作することができます。





700Whの容量だと、100Whで7時間の計算。


FullSizeRender

FullSizeRender





電気毛布1台だと、弱が20Wh・中が30Wh・強が50Wh










「400Whあるjackeryは、電気毛布1台、中30Whで使用しても、約13時間使用できます」



FullSizeRender









「700Whあるjackeryは、電気毛布1台を中30Whで使用すると、約23時間使用できる計算になります」



電気毛布2枚を中で使用すると、およそ11時間。




700
Whだと、十分すぎるほどの容量があります。


FullSizeRender









ポータブル電源のjackeryの人気がある理由は、値段の安さ


今、キャンプで使うポータブル電源で、一番人気かあるのが、ポータブル電源のjackery。




ポータブル電源のjackeryは、400Whの容量で、4万円ほどで販売されているので、とてもお手軽。


700Whの容量だと、8万円ぐらいの値段設定。


FullSizeRender

























地面からの冷気対策:


20171231001










「春は、日が暮れると気温が下がってくるので、地面から冷気が伝わってきます」


気温が下がると、地面から冷気が必ず発生します。



地面を手でさわると冷たいのが冷気で、テントの床部分からも冷気が発生しています。




冷気対策には、厚めの銀マットを敷けば十分に対策になります。


2021101701 (30)










シートやマット:


2020111502 (11)









「テントの床部分の一番下には、オールウェザーブランケットを敷いています」


オールウェザーブランケットは、NASAが開発した多目的シートで、軽量・コンパクト・防水・保温性に大変すぐれています。



3019052307









「テントの床の傷や痛み防止にもなるので、テントの床部分の一番下に敷くことをおすすめします」


2020013007 (10)









「サイトによっては、雨が降ると水たまりができ、水たまりの上にテントを設営すると、テントの中まで浸水することもあります」



防水機能があるオールウェザーブランケットを敷いておくと、雨水がテント内浸水してきても荷物やシュラフが濡れません。


3019052302









「我が家は、オールウェザーブランケットを4枚保有しています」


3019100606
























「オールウェザーブランケットの上には、厚めの銀マットを敷きます」


厚めの銀マットを敷くことで、下からの冷気を完全に遮断し、クッション性を高めます。


2021101701 (4)









「銀マットは全体に敷かず、座ったり寝たりする場所だけ2枚重ねにすると暖かいです」


銀マットは値段が安く、手軽に購入できるのも良い所。




電気毛布やホットカーペットを使用される方は、銀マットの上に敷いて下さい。


2019012601 (2)




















「極厚の銀マットの上には、エルパソのブランケット」



エルパソのブランケットは、昔も今も流行りのキャンプアイテム。




人気がありすぎて、一時期購入できませんでしたが、現在は落ち着いています。


2021101701 (20)









「エルパソブランケットの人気がある理由は、他にはない雰囲気で、見た目がかなりおしゃれ」


2021101701 (14)








「生地はかなり分厚く、とてもしっかりとしています」



触ってみると、思っている以上に、生地の分厚さがあります。


2021101701 (12)









「サイズが150×210cmなので、4人用のテントなら、2枚敷くとちょうどいい大きさ」



年間50泊キャンプに行く我が家が、おすすめするブランケット。


2021101701 (25)









「見た目以上に、かなりおしゃれなブランケットだと思います」



2021101701 (27)


























テントの床に敷くマット:


オールウェザーブランケット→分厚い銀マット→エルパソブランケット












湯たんぽ:


2018020205









「電源サイトの場合は、電気毛布やホットカーペット」



電源がないサイトでは、湯たんぽがあるととても快適。




寝る前に湯たんぽがあると、シュラフの中を温めてくれるので、寒さを感じることなく朝まで熟睡できます。


2020013009 (5)









「湯たんぽは、プラスチックより直火対応の金属製がおすすめ」


直火対応の金属製の場合、湯たんぽを直接火にかけられます。


2019021506









「直火ができる湯たんぽは、手間が入りません」


直火ができる湯たんぽは、お湯をやかんやケトルなどから移し替える必要がないので、余計な手間が入りません。




石油ストーブがある場合、直接石油ストーブで温めることもできます。


2018020109









「我が家は、マルカの湯たんぽ3.5Lを使用しています」



3.5Lも入るので、朝まで温かくお湯が冷めることがありません。


2019021506



















WAQのインフレーダブルマット 


2021051704 (3)









「我が家が就寝する時に、いつも使用しているマットは、WAQのインフレーダブルマット



WAQのインフレーダブルマットは、楽天のアウトドアマットランキングで、一番売れている商品。


2021051705 (2)









「WAQのインフレーダブルマットが売れているのは、それだけの理由があります」


2021051704 (10)









「厚みが8cmもあるので、就寝する時も快適で、しっかりと地面の硬さを吸収してくれます



2021051704 (5)









特大バルブが2つ搭載しているので、あっという間に、マットが膨らみます


2021051703 (7)

2021051703 (8)









素材に、ひし形のウレタンを採用しているので、就寝するのに快適


ひし形のウレタン採用で、エアーベッドのように浮く感じもなく、低反発のような沈み込む感じもありません。


2021051704 (6)









空気を抜き巻き取ると、コンパクトに収納してくれます


2021051706 (11)

2021051707 (1)

2021051703 (1)









どんなコットにも、ちょうどいいい大きさで、とても良い寝心地


2021123101 (82)









WAQのインフレーダブルマットは、我が家が購入してよかったマットで、おすすめできるマット


我が家は、いろいろなマットを使用してますが、最近はWAQのインフレーダブルマットばかり。




年間50泊キャンプに行く我が家が、おすすめできるマット。



2021051703 (10)

























シュラフ:


2021070405 (7)









「我が家が、春や秋のキャンプに必ず使用しているのが、ダブルウォーム2way寝袋


ダブルウォーム2way寝袋のおすすめな理由は、4千円と手軽な値段で購入できること。


2021051705 (11)









手軽な値段で購入できる寝袋ですが、暖かいので春や秋のキャンプに使えます


厚着をして寝れば、冬場も使用可能。


2021051706 (3)









サイズは、150×210cmなので、大柄の男性でもゆったりと就寝できます


FullSizeRender









「畳むと22×55cmなので、とてもコンパクト



汚れれば、洗濯機でも洗うことが可能。


2021051706 (8)

2021051705 (3)









ダブルウォーム2way寝袋の良いところは、軽くて薄いのに暖かいこと


軽くて暖かいのは、その理由があります。


2021051706 (1)









素材が、蓄熱アルミシート+発熱保温わた


FullSizeRender









蓄熱アルミシートによる輻射熱効果で、体から放出された体温を反射し蓄熱


遠赤外線で、冷気を完全にシャットアウトします。


FullSizeRender









羽毛よりも暖かいと言われている、発熱保温わた


発熱保温わたは、体から出る赤外線を発熱保温わたが吸収し、自ら蓄熱と発熱します。




発熱保温わたは、羽毛よりも暖かいと言われており、春や秋のキャンプに安心して使用できます。


FullSizeRender









実際に使用されるとわかりますが、ダブルウォーム2way寝袋の中に入ってみると、じんわりと暖かさが伝わってきます


暖かいので、自ら発熱しているのがわかります。


2021051705 (10)









ファスナーを外すと、掛け布団にもなります


2021051706 (2)


2021051706 (4)









ダブルウォーム2way寝袋は、手軽に購入でき暖かいので、とても重宝しています


年間50泊キャンプに行く我が家が、絶対におすすめできる寝袋。



2021051705 (4)























「毛布やブランケットを持っていくと寒い時、シュラフの中に入れることができます」


想定外の寒さの時に毛布やブランケットがあると、寒さ対策にもなるので必ず何枚かは持って行かれることをおすすめします。




我が家は、今キャンプで大人気の、ペンドルトンのタオルブランケットを使用。


2020090508 (1)









「ペンドルトンのタオルブランケットは、綿でできており肌触りがよく、丈夫なのが特徴」


焚き火の時・毛布の代わりに・タオルケットなと、春夏秋冬使えて便利。


2020090506 (7)

2020061202 (5)

























見出し


2019090101 (4)









「昼間は温度が上がっても、朝晩は冷え込むことがあります」


できれは薄い生地のヒートテックではなく、厚みがある極厚のヒートテックがあれば、そちらを持って行ってください。




幕の中で過ごすより、夜に焚き火をされる方は、なお分厚いヒートテックが必要。


FullSizeRender









「アウトドアジャケットやフリースがあると、朝晩の寒さ対策にもなります」



2019090101 (1)

2019090101 (5)








焚き火:


2018012002









「真冬は、日が落ちると気温がかなり下がるので、焚き火だけで暖をとるには寒いですが、春キャンプは違います」


春のキャンプは冬場とは違い、気温がそれ程下がらないので、焚き火で暖をとることも可能。


2020100301 (6)









焚き火をするのに、1年で一番良い季節


春は、焚き火をやりやすい季節なので、焚き火がメインのキャンプでも良いと思います。




我が家は、クイックキャンプの焚火陣幕を使用。


20201222703 (9)









「焚火陣幕は、クイックキャンプから発売されている焚き火専用の陣幕」



焚き火の周りに、コットン布を張るので、風の影響を少なくし、風の強い日でも他に迷惑をかけず、焚き火ができます。



2020122701 (4)









「焚火陣幕の素材は、コットン100%で出来ており、焚き火の火の粉でダメージや穴があきにくくなっています」



IMG_9513









「高さが70cmあり、焚き火の前に座ると周りを見渡せて、焚き火だけを隠し、風から守ってくれます」



2020090507 (10)









「幅が240cmあるので、焚き火台だけではなく、テーブルや台なども焚火陣幕内に置けます」



2020100301 (9)

























まとめ:


IMG_0006 (3)









キャンプは、春キャンプが一番過ごしやすく良い季節。


虫が少なくそれほど寒くないので、幕内をお座敷スタイルにして楽しむのも良いと思います。





3月は石油ストーブがあった方が快適ですが、4月以降はカセットガスストーブだけで十分。


カセットガスストーブがあれば簡単に暖がとれるので、持っておられない方は、1台くらいはあった方が良いと思います。


以上、「春キャンプの暖房や必需品はこれがあると完璧!年間50泊キャンプに行く我が家がテントを暖める暖房器具を詳しくブログで紹介
」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!