2016031505









「春のキャンプは寒暖の差があり、朝晩は冷え込むことが多いので寒さ対策は必要で、対策をしないと快適には過ごせません」


IMG_0005 (2)









「昼間の温度だけではなく、朝晩の気温のチェックが必要」



昼間は半袖で過ごせても夜は長袖が必要で、ヒートテックや風を通しにくい薄手のアウトドアジャケットがあれば快適に過ごせます。


2020112210 (3)









今回は春キャンプの服装や、あると便利なものを詳しく紹介したいと思います。


春キャンプの参考になるので、ぜひ参考にして下さいね!









2016031402









お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram








  
服装:


2016041020









「春のキャンプは寒暖の差があり、昼間と朝晩の気温の差が大きいので、寒さ対策をしておかなければ快適に過ごせません」


昼間は晴れると気温が上がるので、薄い服装でもよいですが、朝晩は気温が下がるので厚めの服装が必要。





春キャンプにヒートテックが必要で、あると暖かく過ごせます。



ヒートテックは、かさばらないうえに暖かいので、上下持っていった方が良いと思います。


FullSizeRender









「朝晩は気温が下がってくるので、ヒートテックの上下と上に羽織る服があれば十分」



3月~4月前半の朝晩で冷え込む時は、薄手のアウトドアジャケットの中にフリースを着ることもあります。


2020112210 (6)









「4月後半~5月中旬も朝晩は少し冷え込むことがあるので、薄手のアウトドアジャケットがあれば安心」



2020112210 (3)









「アウトドアジャケットやナイロン製のジャンパーは、焚き火をする時に火の粉が飛んで穴が空く場合があるので注意して下さい」


ブランケットを上から羽織ると、ジャケットやジャンバーが焚き火で穴が空くことを防げます。




焚き火用に1枚ブランケット持っていくと、気兼ねなくガンガン焚き火ができるのでおすすめ。


2020090507 (8)









「我が家は、今流行りのペンドルトンのタオルブランケットを使用」



冬場は毛布になり、夏場はタオルケットになるので、春夏秋冬使えるブランケット。


2020061202 (5)









「生地は、コットン製でとても丈夫」



おしゃれで見た目がいいので、我が家のおすすめのブランケットです。


2020090506 (7)

























お座敷スタイル:


2020111502 (8)









「春のキャンプは、ゆったりできるお座敷スタイルがおすすめ」



春キャンプは夏場と違い虫が少ないので、お座敷スタイルがやりやすいと思います。


2020111502 (11)









「夏場は虫が多く、虫が幕内に入ってくるので、お座敷スタイルはおすすめできません」


虫が少ない春キャンプだからこそ、快適でくつろげるお座敷スタイルが良いと思います。


2020111502 (13)










お座敷のやり方:


2020111501









「地面の上に敷くシートは、ブルーシートよりグリーンシートの方が、見た目が良いです」



2020111502 (1)


















「グリーンシートの上には、オールウェザーブランケット」


2020111502 (2)









「オールウェザーブランケットは、NASAが開発した多目的シートで、軽量・コンパクト・防水・保温性に大変すぐれています」


2020111502 (4)









「我が家は、4枚のオールウェザーブランケットを保有」


3019100606









「オールウェザーブランケットは、テントのグランドシートの代わりにもなり、いろいろな場面で使用できます」


IMG_6010



















「オールウェザーブランケットの上には、極厚の銀マットを1枚~2枚敷きます」



寒くなってくると、地面から冷気が必ず発生します。


地面からの冷気対策をしないと、幕内で快適に過ごせません。




極厚の銀マットは、地面からの冷気の完全に遮断し、クッション性を高めます。


2020111502 (5)
























「極厚の銀マットの上に、お気に入りのマットを敷いたらお座敷スタイルの完成」


2020111502 (6)

2020111502 (13)





















暖房器具:


2020100302 (1)









「朝晩は気温が下がりますが、真冬ほど寒くはないので、幕内を暖めるのはカセットガスストーブで十分」



2020100301 (3)









「我が家は、センゴクアラジンのガスストーブを使用」


センゴクアラジンのガスストーブは、見た目や使い勝手が良く、春のキャンプにおすすめです。




とてもおしゃれなカセットガスストーブなので、購入して良かったです。


3019111701






















「カセットガスストーブで有名な、イワタニからもカセットガスストーブが発売されています」


FullSizeRender





















「3月~4月の初めは冷え込む日があるので、石油ストーブがあると幕内で快適」


トヨトミのレインボーは値段が安く、手軽に購入できるのでおすすめ。


FullSizeRender









「車で運搬しても灯油が漏れることがなく燃費がいいので、タンクを満タンにしておけば、1泊2日のキャンプなら灯油を追加しなくても大丈夫」


FullSizeRender
























「電源サイトでは、ミニセラミックヒーターがあれば十分に暖かく過ごせます」



ミニセラミックヒーターは2台あると、より快適。


2021101701 (42)


















まとめ:


2020100302 (2)









年間50泊キャンプに行く我が家ですが、一番好きな季節は春。


春キャンプは、真夏ほど気温が上がらず、冬場ほど寒くならないので、幕内で快適に過ごせます。




春キャンプの一番の魅力は、焚き火をしていて気持ちいいこと。


焚き火をしていても寒くないので、ゆったりとキャンプを楽しめます。


春のキャンプは短いので、ぜひ寒さ対策をして快適に過ごしてくださいね!


以上、「
春のキャンプの服装はコレさえあれば完璧!我が家の方法を詳しくブログで紹介」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!