2018110502 (3)








「ソロキャンプをしている人は、コンパクトな焚き火を持っていることが多く、コンパクトな焚き火台はソロキャンパーにとても人気があります」



我が家もソロでキャンプに行く時は、コンパクトな焚き火台を持って行くことが多いです。


2019010303 (6)









「我が家がソロでキャンプに行く場合、最小限の荷物しか持っていかず、かさばる物はあまり持っていきせん」


下記の写真のように荷物は少なく、最小限でキャンプをしています。




設営や撤収作業は、1人でしなければいけないので、できるだけ荷物を減らします。


2020041401 (3)









「荷物を少なくコンパクトにしたいので、焚き火台も小さく折りたためるものをチョイス」



2021022003 (8)










今回はコンパクトになり、小さくたためる丈夫な焚き火台を紹介したいと思います。


ソロキャンプでコンパクトな焚き火台を探しておられる方は、ぜひ参考にして下さいね。









2016050398









お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram









ファイアーボックス:


2018122301 (1)









「我が家がソロキャンプに行く時に、よく持っていくのが、ファイヤーボックスという焚き火台」


折りたたむと薄くなり、コンパクトになるので邪魔にならず、道具箱に入れて置いても気にならない大きさ。




1人で焚き火をするのに、大きな焚き火台は必要ではないと思い、よくファイヤーボックスを持っていきます。


2018110501 (4)









我が家が愛用しているファイヤーボックスは、折りたたむと薄くなり、ザックにも入るとてもコンパクトな焚き火台。


組み立てが簡単にできるので面倒はなく、毎回重宝しています。




小さいのに値段が1万円程しますが、その分ステンレスの厚さもあり、丈夫で頑丈な焚き火台です。


とてもしっかりとした焚き火台なので、長年使用できるのもファイヤーボックスの良い所。


2016050602









「ファイヤーボックスとテッシュを並べてみると、いかにファイヤーボックスが小さいのかわかると思います」



2016060504









「サイズが小さくコンパクトな焚き火台なので、よく売っている大きさの薪は入らないので、薪を小さくする必要があります」


下記の大きさの薪は、ファイヤーボックスには入りません。


2018111703









「我が家はファイヤーボックス用に、いつも小さいサイズの薪を購入します」


2018111104 (2)

2016050335









「真冬は、焚き火だけで暖が取れませんが、春や秋なら焚き火で十分に暖が取れます」


焚き火の炎を眺めながらお酒を飲んで、ゆったりとキャンプを楽しむのもソロキャンプの楽しみ。


2018110802 (7)

























ウォーターケトル:


2018110503 (3)









「ファイヤーボックスと相性がよく、ぴったりと収まるサイズのケトルが、イーグルプロダクツのウォーターケトル」



イーグルプロダクツは、ノルウェーを本拠地に置くアウトドアメーカーで、今流行りの北欧ブランド。




イーグルプロダクツのウォーターケトルは、見た目が良く、コンパクトなケトル。一時期は人気があり過ぎて、購入できないこともありました。



2018110502 (3)









「底部には、熱伝導の優れた銅メッキ加工がされています」



2018110502 (1)









「取っ手部分が引っ掛けられるので、コンパクトになります」


2018110503 (3)

2018110503 (1)









「しっかりとした収納袋も、付属されています」


2018110503 (2)









「イーグルプロダクツのウォーターケトルは、0.7Lとコンパクトなケトル」



つくりもしっかりしており、ファイヤーボックスと相性がとても良いです。


2018110505









「我が家は、ファイヤーボックスでバーベキューをする時、テンマクデザインの男前グリルプレートを使用」


ファイヤーボックスと男前グリルプレートは相性がよく、サイズもちょうどいい大きさ。


2021022005 (2)









「男前グリルプレートは、今大人気の焼肉ができる鉄板」



サイズが207×143mmで、ソロキャンプで使うのに、ちょうどいい大きさ。


2021022005 (4)









「直火だけはなく、どんなカセットコンロやシングルバーナーでも使用できます」


3019041004 (6)









「鉄板は思っている以上に厚みがあり、少しの火加減で十分に食材に熱が通ります」


2018101701 (10)









「鉄板が波型になっているのも男前グリルプレートの特徴で、溝に余計な油が落ちヘルシーに食材が焼けるのも良い所」


2018101702 (2)









「男前グリルプレートの裏面はデコボコになっていて、カセットコンロの五徳から滑らず、滑り止め効果があり安全に使用できます」


2018101702 (6)









「専用の収納袋がついているので、とても便利」


2018101701 (2)









「男前グリルプレートは、2千円程で手軽に購入できるのが良い所で、肉や魚が簡単にシングルバーナーやカセットコンロで焼けます」


2020041402 (11)

2020041402 (7)

























まとめ:


2021022006 (6)









ソロで使用する焚き火台は、小さく折りたためる方が便利だと思います。


我が家が使用しているファイヤーボックスはとてもコンパクトな焚き火台で、荷物になりません。


道具箱に入れておいても邪魔にならず、どこにでも入る大きさ。




ファイヤーボックスの値段は1万円程しますが、ステンレスが分厚いのでとても丈夫。



しっかりとした焚き火台なので、長く使用できると思います。


安い焚き火台をたくさん購入するより、値段が高くても長く使える焚き火台の方が結局は得です。




我が家が使用しているファイヤーボックスは、ソロキャンプにとてもおすすめな焚き火台だと思います。



以上、「ファイヤーボックスでバーベキュー!ファイヤーボックスに合う鉄板やケトルも詳しくブログで紹介」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!