3019040801 (3)








「この種のチェアはブルーリッジが有名で、つくりも木の質も満足いくもので、丈夫なものが使われています」


ブルーリッジの一番の欠点は、値段が高く手軽に購入できないこと。現在の販売価格をみると、1万5千円を超える値段。




自作でもつくられている方が多いのに、1万5千円以上出すのは、ちょっともったいないような気もします。


FullSizeRender









「我が家が使用している、テントファクトリーのウッドラインラウンジャーは、5千円程で販売されていて、形・雰囲気・見た目がブルーリッジそっくり」


ブルーリッジと、見た目がかなり似ています。


FullSizeRender









「ウッドラインラウンジャーは、ブルーリッジの三分の一の値段で、手軽に購入しやすいのが良い所」


FullSizeRender









今回は、お得な値段で購入できる、テントファクトリーのウッドラインラウンジャーを、詳しくブログで紹介したいと思います。


ブルーリッジじゃなくても、ウッドラインラウンジャーで十分に満足できます。









2020011652





*タイトル
ウッドラインラウンジャー


3019112601 (1)









「我が家の木製チェアは、ウッドラインラウンジャーの他に、サンドチェアとニトリのローチェアがあります」


サンドチェアとニトリのローチェア共に木製チェアですが、あまりコンパクトにならないのが欠点。


FullSizeRender









「特にサンドチェアは、折りたたんでも場所を取るので、持ち運びに不便です」



サンドチェアは座面が大きい分、座りやすいチェアですが、車に積載をする時に場所を取り、家族でキャンプに行く時はけっこう困ります。


FullSizeRender









「ウッドラインラウンジャーは、折りたたむとコンパクト」



テントファクトリーのウッドラインラウンジャーは、娘用に購入しましたが、使い勝手がいいので追加購入して、今では2個保有しています。




娘が来ない時は、奥さんと2人で行くキャンプに、持っていきます。


FullSizeRender









「座面は木で、クッションがなく硬いですが、慣れてくると意外に座り心地は快適」


個人差はあると思いますが、わたし自身は座りやすいと思います。




慣れるとけっこう快適で、立ち上がるのが嫌になるくらいで、娘もお気に入りのチェアです。


2016050508










ソロキャンプにもよし


2018032208









「ソロキャンプでも、手軽につかえておすすめ」


以前は、ソロキャンプにサンドチェアを持っていってましたが、重いしけっこう場所を取ります。


ウッドラインラウンジャーは、軽くて薄く四角くく折りたためるので、場所を取らなくてコンパクト。




ソロキャンプに持っていくには、十分に使い勝手の良いチェアだと思います。



2018031508










使用感


2016050504









「値段が安い割には、丈夫でしっかり」



木の材質やつくりは、飛び抜けて良いという感じではなく、そこそこ満足いく感じ。




値段が5千円程のチェアですから、
高級木材は使用されていませんが、軽くて持ち運びをするのに楽なので、とても気に入っています。


2018032207









「初め座ると少し違和感がありますが、慣れるとけっこう快適に座れます」


チャアは2つに分れており、それを組み合わせると完成。




パッと組み立てて、サッと折りたためるのが良い所。


2016050502

2016050503

2016051304









「片付ける時は、2つを重ねます」



重ねるとけっこう薄くなるので、車の積載も収納もしやすいと思います。


2016050505









「布の生地は、それほど悪くはない」


6年間使用していますが、生地が伸びたり破れたりしていません。




生地は、5千円にしては良く、丈夫だと思います。


2016050506










焚き火の時に


2018013113









「ウッドラインラウンジャーは、焚き火をする時にちょうどいい高さ」



イスがローチェアなので、焚き火との相性がグット。




慣れると座り心地がいいので、お酒を飲みながら焚き火をゆったりと楽しんでいます。


2018013108





















まとめ


FullSizeRender









ウッドラインラウンジャーは、初めは座りにくいかもしれませんが、慣れるとけっこう快適。




5千円程度で購入できるので、かなりお手軽。


ブルーリッジを自作をするのが面倒だと思ってる人や、安くチェアを探されている方におすすめです。


我が家は、ニトリのローチェアも保有しているので比べてみると、ニトリのローチェアよりイスの材質やつくりはしっかりしています。


IMG_7792






以上、「6年間使用!ブルーリッジチェアを自作するよりウッドラインラウンジャー!
テントファクトリーのチェアを詳しくブログで紹介」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check! 















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック