3019052620 (6)

 






「キャンプサイトは木陰がある所ばかりではなく、サイトによっては、日なたの場所もかなりあります」



サイトに木があって木陰だと、日よけになるタープも必要ではありませんが、サイトに全く日陰がない場合は、日よけタープはかならず必要。




特に気温が上がる真夏のキャンプは、日陰と日なたの温度差はかなりあるので、タープ選びはかなり重要です。


3019101510 (1)









「タープは、いろいろなアウトドアメーカーから発売されていて、形・大きさ・素材などの違いがあるので、どのタープを購入したらいいか迷います」



IMG_6070









「夏キャンプにこだわって欲しいのは、タープの素材」


2020081601 (3)









今回は我が家が思う、夏場を快適に過ごせて、おすすめできるタープを詳しくブログで紹介したいと思います。


夏キャンプに使う、タープの購入を考えておられる方は、ぜひ参考にしてくださいね!









2016050398










お気軽にフォローして下さいね^^
  Instagram









タープ:


3019052874 (9)









「オープンタープにはいろいろ種類があるので、どのタープを購入したらいいか迷います」


特に夏場は気温が上がり、日陰と日なたの温度差はかなり違うので、使用するオープンタープはかなり重要。




オープンタープを購入するにあたり、形・大きさ・素材の中で一番こだわって欲しいのがタープの素材。


3019081354 (1)









「キャンプでよく使われているのが、素材がポリエステルのタープ」



ポリステルのタープは遮光性があまりよくないので、真夏のキャンプに不向き。


FullSizeRender









「我が家が真夏におすすすめするのが、素材がポリコットンのタープ」



3019052887









「ポリコットンは、コットンとポリエステルの混紡の生地で、コットンとポリエステルの良い所を兼ね備えたタープ」


ポリコットンは、遮光性があり影が濃いので、日差しがきつい夏のキャンプにおすすめ。




ポリコットンタープを使用すると、日差しがきつく気温が高い真夏のキャンプに、少しは快適に過ごせると思います。



2020081601 (4)










大きさ:


3019052874 (6)









「オープンタープの大きさは、使用する人数で決められたらいいと思います」


2020082303 (5)








「1~2人でキャンプをされる場合、3m程の大きさのタープ」


2020062801 (2)









「3~4人でキャンプをされる場合は、4m~4.5mぐらいの大きさのタープが必要になってきます」



2020080701 (1)








「少人数でも広く使いたいという方は、4m~4.5m程の大きさのタープを購入すれば、十分過ぎるほど広いです」


2020061201 (2)










形:


3019063001 (1)









「オープンタープの形は、いろいろな形がありますが、現在の主流は
ヘキサタープとレクタタープの2種類」


ヘキサタープは六角形の形をしたタープで、レクタタープは長方形の形をしたタープ。




ヘキサタープより、レクタタープがおすすめ。


3019081353 (10)









「ヘキサタープは形がいびつなので、張り方が難しくレクタタープに比べて影が少ないです」


レクタタープはいろいろな張り方ができ、日陰が多いので広く使うことができます。




形が長方形なので、雨が降った時も広く使え便利。


3016061408










タトンカタープ:

3019052880 (9)







「我が家が使用しているオープンタープは、タトンカタープ」



タトンカタープはポリコットン製のタープで、遮光性があり影が濃いのが特徴。




幕の厚みは、他のポリコットン製のタープと比べて少し薄いですが、しっかりとしたつくりなので問題はありません。


IMG_6070









「我が家が保有しているは、タトンカタープ1TCとタトンカタープ2TC」



タトンカタープ1TCは4.5m程の大きさのタープで、タトンカタープ2TCのサイズは3m程。




大は小を兼ねるということで、おすすめはタトンカタープ1TC。



2020081601 (3)

2020081601 (5)





















「ビジョンピークスから発売されているファイアプレイスTCレクタタープは、1万円台で購入できるポリコットン製のタープ」



幕の厚みがあり幕質がよく、しっかりとしたつくりで遮光性があるので、かなりおすすめなオープンタープ。


FullSizeRender






















まとめ:


3019081354 (2)









キャンプでよく使われているのがポリエステル製のタープですが、遮光性と影が濃いのはポリコットン生地のタープ。


特に真夏のキャンプは日差しがきついので、ポリコットンタープを使用すると暑い真夏の季節でも、少しは快適に過ごせます。




ポリコットンタープを使ってみると、その良さがわかると思うので、まだポリコットンタープを使用されておられない方は、ぜひ購入してみて使用して下さいね。




以上、「夏のキャンプに使うタープは遮光性があり影が濃いタープが絶対おすすめ!」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!