2020122701 (1)









「年間50泊程、キャンプに行く我が家」


真夏の暑い時期や真夏の寒い時期も、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。


2020082303 (5)









「キャンプではいろいろな料理を作りますが、気温が高くなると、よくキャンプでするのがバーベキュー」


バーベキューは、他の料理と違い手軽にできるのが、バーベキューをするメリット。


2020092206 (2)









今回は、年間50泊キャンプに行く我が家が、バーベキューであると絶対便利な道具と持ち物を、詳しくブログで紹介したいと思います。


バーベキューをされる方は、ぜひ参考にして下さいね。










2020011652









お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram








バーベキューの道具と持ち物:


2020100302 (2)









「気温が上がると、外で食べることが増え、我が家がよくするのがバーベキュー」


バーベキューは、手軽にできるキャンプ飯。




年間50泊程キャンプに行く我が家は、気温が上がる季節は、ほぼバーベキューをしています。


2020100301 (9)










オガ炭:


2020092204 (5)









「バーベキューをするのに、我が家が必ず使用するのがオガ炭」


オガ炭とは、オガクズを圧縮加熱成形して製造する、オガライトを原料とした木炭。





ホームセンターなどで販売している、値段が安く手軽に購入できる、マングローブ炭とはかなり使い勝手が違います。



image









「オガ炭は、嫌な匂いがない・煙が少ない・燃焼時間が4〜5時間と長い・爆ぜないなど、使用すると大きなメリットがあります」



オガ炭は、マングローブ炭とは違い最強の炭。



2020092205 (2)









「オガ炭は、燃焼時間が長くコスパに優れ、美味しく肉が焼けるのが特徴」



我が家は、えびす備長のオガ炭を使用。



2020122902

2020122901

























七輪:



2020092202 (9)









「バーベキューをするのに、焚き火台やバーベキューコンロを使用される方が多いと思います」



我が家は、焚き火台やバーベキューコンロを使わず、七輪を使ってバーベキューをしています。





七輪は、少人数向けと思われがちですが、そんなことはなく、家族4人でもゆったりとバーベキューをするなら問題なく使えます。



2020092204 (2)









「バーベキューに七輪を使用するメリットは、炭を入れる所がこじんまりしているので、炭の量が少なくてすむこと」



2020092205 (1)









「七輪は、珪藻土で出来ており、使用後は洗うことができません」



使用後は、サッと汚れをキッチンペーパーで拭き取るだけなので、使用後の後片付けがとても楽です。


2018081503










「我が家は七輪を、車に乗せて運んだり持ち歩いたりしてますが、七輪が割れることがまだありません」



高い所から落とさない限り、七輪が割れたりダメージがおきたりしないので、安心して使用できます。





我が家は、キャンプでバーベキューをする時、必ず七輪を使用しています。



2018081501

























フィールドチャッカー:


IMG_9454









「バーベキューをする時、あると絶対便利で、必ず使用するのがsotoから発売されているフィールドチャッカー」



炭起こしは、フィールドチャッカーが1台あるだけで、簡単に炭を起こすことが可能。



2020092204 (7)









「着火剤をフィールドチャッカーで炙り、火をつけます」



火のついた着火剤の上に炭を入れ、上からフィールドチャッカーで炭を炙ります。





下から上から火をつけることで、あっという間に炭起こしができます。



2020092204 (10)









「フィールドチャッカーが便利なのは、空気調整レバーがついていること」



1300℃の強力集中炎から、900℃のソフトな炎まで調整ができます。



我が家は、キャンプでピザを作ったりする時など、いろいろな料理に使っています。





フィールドチャッカーがあると、とても便利。



2020060303 (2)

























スライドガストーチ:


2020121301 (6)









「キャンプの定番アイテムといえば、sotoから発売されているスライドガストーチ」



スライドガストーチは、キャンプの定番アイテムですが、バーベキューにも使え、あるととても便利です。





火をつけるのに、チャッカマンを使用されている方が多いと思いますが、チャッカマンの時代はもう終わったような気がします。



image









「使い捨てではない、スライドガストーチはとても経済的」



スライドガストーチのガスの補充は、カセットボンベで手軽にできます。



風にも強く、火口が伸縮自在になっているので、とても便利ですよ。





我が家は、スライドガストーチに、レザーカバーをつけ、見た目をおしゃれにしています。



2020121301 (5)

























ラージメスティン:


2020110101 (3)









「ラージメスティンは、キャンプで使う定番のアイテム」



ツイッターやインスタグラムでも人気があり、使用されている方がかなり多いです。



ラージメスティンが人気があるのは、懐かしい雰囲気の見た目と、使い勝手の良さ。





煮る炊く蒸すができるオールマィティーなクッカーで、ラージメスティンひとつで、いろいろな料理ができます。



2020110101 (5)









「我が家は、ラージメスティンでいろいろな料理を作ってきました」



ラージメスティンは、飯盒のかわりにもなり、ご飯なら3合まで炊くことが可能。





ラージメスティンがあると、とても便利ですよ。



2020110103 (8)
























オピネル:


2020090701 (9)









「オピネルは、キャンプで使う包丁で、とても人気があります」



インスタグラムやツイッターでも、かなりの方が使っており、キャンプになくてはならないキャンプアイテム。





オピネルの人気がある理由は、グリップが木製で、見た目がとてもおしゃれなこと。



2020090701 (7)









「キャンプだけではなく、バーベキューの時でも、食材を切る時にオピネルナイフを使うと、とてもおしゃれに料理ができます」



オピネルナイフは、2番から12番のサイズがあり、我が家は3種類のオピネルナイフを保有していますが、使いやすいのがオピネルナイフの10




9番だと小さく12番だと大きいので、キャンプで使うには10番がちょうどいいサイズ。


2020060401










「オピネルナイフのブレードは、ステンレスとカーボンスチール製の2種類があります」



カーボンスチール製は、切れ味はよいですが、メンテナンスがとても大変です。





使用後は水気をきっちり拭き取らないと、すぐに錆てしまいます。



FullSizeRender









「我が家も使用しているステンレスは、メンテナンスがゼロ」



切れ味も悪くないので、購入するならステンレスが良いと思います。





オピネルナイフを購入するなら、我が家も使用する、ステンレス製のサイズで10番がおすすめ。



2020090701 (8)

























カセットガスストーブ:


2020100301 (6)









「バーベキューは夏場だけではなく、春・秋・冬にされる方も多いと思います」



春・秋・冬は、昼間でも気温が下がり、寒い日もあります。



テントやシェルターを張られる方は、テントやシェルター内にカセットガスストーブを入れると、暖かいです。





外でバーベキューをされる方は、カセットガスストーブを足元に置いておくと暖かいです。



2020100301 (4)









「おすすめは、カセットコンロで有名なイワタニから発売されているカセットガスストーブ」



FullSizeRender

























「おしゃれなカセットガスストーブを探しておられる方は、我が家も保有するセンゴクアラジンのカセットガスストーブがおすすめ」



3019111701










TCルーテント:


2020122701 (2)









「バーベキューは宿泊しないので、テントは必要ないと思われがちですが、テントがあるとキャンプの雰囲気も楽しめます」



我が家はバーベキューでも、テントを張ることがあります。





テントを張ると、荷物を入れたりお子さんの遊び場や休憩場所にしたり、昼寝やくつろぐことも可能。



2020082303 (5)









「テントは、難しい張り方のものではなく、簡単で手軽にたてらる方が良いです」



おすすめは、ビジョンピークスから発売されているTCルーテント。


TCルーテントは、人気がありすぎて生産が追いつかず購入できない時もありました。





人気かある理由は、素材がポリコットン製で、今流行りのベージュ色。



IMG_6032









「ポリコットン製なので、近くでバーベキューや焚き火をしても、火の粉でダメージや穴があきにくくなっています」



スリーブに、2本のポールを通すだけなので、設営が簡単。



IMG_6017









「TCルーテントは、インナーテントに撥水加工されているので、インナーテントのみで、フライシートがありません」



インナーテントだけを張るので、設営がとても簡単。





慣れれば、5分もあれば設営できます。



IMG_6436









「我が家も使用している、おしゃれなTCルーテントは、値段も安く手軽に購入できるのでおすすめ」


IMG_6132

























オールウェザーブランケット:


2020013007 (10)









「オールウェザーブランケットは、NASAが開発した多目的シートで、軽量・コンパクト・防水・保温性に大変すぐれています」



ブルーシート代わりに使用したり、テントのグランドシートとしても使えます。



IMG_6010









「お座敷スタイルにする時も、オールウェザーブランケットがあればとても便利」



オールウェザーブランケットを持っておくと、いろいろなことに使えます。



2020111502 (2)

























陣幕ミニ:


20201222703 (9)









「バーベキューは野外でするので、たまたまその日が風の強い日かもしれません」



風が強いと、紙皿や紙コップなどが飛ばされたりして不便。



気温が低い季節に風が強いと、体感温度が下がって、より寒さを感じてしまいます。



寒い日にバーベキューをされるなら、風除けはとても大事。





我が家は風除けに、テンマクデザインから発売されている陣幕ミニを使用しています。



2020122701 (8)









「陣幕ミニの良い所は、高さが100cmなので、景色をそこなわず、風対策ができること」



ロースタイルでイスに座ると風をシャットアウトし、立つと景色を楽しめます。





100cmという、絶妙な高さが気に入ってます。



2020083103 (10)









「我が家は夫婦2人で使用してますが、幅が300cmあるので、4人家族でも使用可能」



素材は、ポリコットン製になっており、炭や焚き火の火の粉で、ダメージや穴があきにくくなっています。



2020122701 (3)
























焚き火テーブル:


2020021301 (6)









「キャンプをする方なら、ほとんどの方が使っているほど有名なのが、ユニフレームから発売されている焚き火テーブル」



焚き火テーブルは、キャンプのテーブルで最もメジャーで、最も売れている人気の商品。





我が家は、10年間キャンプで焚き火テーブルを使用していますが、いまだに現役で潰れている所がないほど丈夫。



2020021301 (3)









「焚き火テーブルは、ハードな使い方をしても、壊れたりはせずとても丈夫なテーブルです」



ダッチオーブンはもちろん、耐荷重が約50㎏もあるので、かなり重たい物でも天板に置くことが可能。





焚き火テーブルの表面は、ステンレスのエンボス加工がしてあり汚れやキズに強く、1台あるととても便利です。



我が家が購入して、良かったと思える一番気に入っているテーブル。



2020021301 (1)
























鍛造ペグ:


2020081601 (3)









「バーベキューをする時、周りに建物や木陰になるような木がない時もあります」



暑い時期にバーベキューをするなら、日陰になるような環境づくりが大事。



日除けになるように、簡単タープやオープンタープを張ることが多いと思います。





簡単タープやオープンタープは、床がないので風に弱く、しっかりとした頑丈なペグを使用しないと、風で飛んでいく可能性があります。



2020082303 (5)









「タープが風で飛んで崩壊してしまうと、最悪怪我をしてしまったり、物が壊れたりしてしまいます」



風の強い日のことも想定して、ペグは丈夫で頑丈なものにして下さい。





我が家は、丈夫で頑丈な鍛造ペグ、エリッゼステーク28cmを使用しています。



2020092202 (5)

























カセットコンロ:


image









「外でご飯を炊いたり、お湯沸かしたりするのに便利なのが、カセットコンロ」



カセットコンロの他に、シングルバーナーやツーバーナーなどがありますが、手軽に使用できるのはカセットコンロだと思います。



カセットコンロは、自宅で使用しているものでも使えなくはないですが、屋内用のカセットコンロだと風防がついていないので、風が吹くと火が消えてしまいます。





バーベキューで使用するなら、野外用のカセットコンロの方が絶対便利。



image









「野外用のカセットコンロは、風防がついており、風に強いのが特徴」



風防があるのとないのとでは、外で使う時、全く使い勝手が違います。



image









「今、キャンプで人気があるのが、イワタニから販売されているタフまるjr.



コンパクトで見た目が良いというのも、タフまるjr.の人気がある理由。





タフまるjr.は風防があり風に強く、耐荷重が10kgなので、ダッチオープンも置くことが可能。



image

























ちびパン:



2020082601 (1)









「バーベキューの時、あったら便利なのがスキレット」



スキレットがあれば料理をしたり、ちょっとしたお酒のおつまみも作ることが可能。



バーベキューにスキレットがあれば便利なんですが、スキレットは鉄の素材でできているので、使用後のメンテナンスが割と大変。





我が家はスキレットと同じく、熱伝導に優れ蓄熱性の高いちびパンを使用。



2020112202 (5)









「ちびパンは、アウトドアブランドのユニフレームから発売されており、我が家も使用しています」



ちびパンは、黒皮鉄板製のミニサイズなフライパンで、スキレットより使い勝手がよく、メンテナンスがとても楽です。



2020082601 (3)









「黒皮鉄板を使用しているので錆に強く、洗剤を使用して洗うこともできます」



スキレットみたいに、毎回サビ止めの油を塗らなくてもサビません。



2020082601 (2)

























サーモス保冷缶ホルダー:


2020112201 (1)









「バーベキューをすると、ビールは付き物というぐらい、肉とビールはとても合います」



缶のままビールを飲むと、暑い時期、気温が上がってくると、ビールがすぐにぬるくなってしまいます。





我が家は、自分のペースでゆったりと飲みたいので、ぬるくならないように、サーモス保冷缶ホルダーを使用しています。



3019101501 (9)









「サーモスの保冷缶ホルダーは、真空断熱構造になっており、冷たさを長時間キープしてくれます」


気温が高い真夏でも、サーモス保冷缶ホルダーを使用すれば、長時間冷たさをキープしてくれます。





サーモス保冷缶ホルダーは、350mlと500ml用があり、我が家は350ml用を使用しています。



2020061208 (3)

























「サーモス保冷缶ホルダー専用の、レザーカバーを使用すれば、見た目がよくおしゃれに使うことが可能」


3019101501 (8)

























まとめ:


IMG_0005 (2)









今回は、年間50泊キャンプに行く我が家が、バーベキューであると便利な道具と持ち物を紹介しました。



どれも、我が家がバーベキューをする時の必需品で便利に使用しているので、ぜひ参考にして下さいね。



以上、「年間50泊行く我が家が使用!バーベキューをおしゃれに!あると絶対便利な道具と持ち物15選!詳しくブログで紹介」でした。