2019032401 (1)









コベアキューブは、メイドインジャパンのカセットコンロではなく、韓国製のカセットコンロ。


韓国製というと、つくりが雑で日本製より品質が劣ると思われがちですが、そんなことはなく、非常によくできたカセットコンロだと思います。






「コベアキューブが人気がある理由」



2020040801 (9)




シンプルなデザインと、シルバー色の武骨な雰囲気。

つくりが小さく五徳が取り外し可能で、収納しやすい。

値段が安い。

日本製のコンロにはない、おしゃれな感じ。









5年間使用し続けて思ったことは、購入して良かったということ。



シンプルでコンパクト、値段が安いので気兼ねなくガンガン使用することができます。




今回は、5年間使用し続けたコベアキューブの全てを、詳しくブログで紹介したいと思います。


コベアキューブに興味のある方や購入予定のある方は、ぜひ参考にして下さいね!








2016060403







お気軽にフォローして下さいね^^
 Instagram







コベアキューブ:


2018032420









コベアキューブは、韓国製のカセットコンロで割としっかりしたつくりで、日本製と比べても見劣りはしません。






「全面ステンレスで、シンプルなデザインがおしゃれ」


2020040606 (1)









コベアキューブは全面ステンレスでできており、ステンレスだから汚れても、サッと拭くだけで落ちやすく清潔に保てます。


日本製にはないシンプルなデザインなので、どんなキャンプスタイルにも合うと思います。






コンパクトなので、コンテナや道具箱に入れておけるサイズで、キャンプに持っていっても場所を取らないのが良い所。



本体サイズ : 252mm x 120mm x 236mm










重さが750gなので持ち運びやすい重さで、五徳が大きく頑丈なので、大きな鍋ものせられます。


2020022002 (2)









ラージメスティンやフライパン、ホットサンドメーカーなどとちょうどいい大きさで、キャンプで焼き物や煮炊きをする時は必ずコベアキューブを使用しています。



2019032401 (3)

2019032401 (4)

2019032402










五徳は取り外せる:


2018032401









「コベアキューブは簡単に五徳を取り外すことができ、なおかつ収納も可能」



五徳は、コベアキューブの裏に収納ができるので、よりコンパクトになります。


日本製にはない収納の良さで、持ち運びが楽で収納するのに困りません。



2018032403









裏面を見てもらえばわかると思いますが、とてもシンプルなつくりで、余計なものがついていないというのも良い所。


2018032402









表面は五徳がないのですっきりしており、全面がステンレスなので汚れが付いても拭きやすく、サッと拭くだけでOK。


取り外しができる五徳は、非常に使い勝手がいいと思います。


2018032405










CB缶が使える:


2018032406









「日本製のカセットコンロと同様に、日本で販売されているすべてのCB缶が使え経済的」



キャンプで長い間カセットコンロを使用していると、CB缶の使い勝手の良さが身に染みてわかります。






我が家は、安売りをしている時にCB缶を大量に購入。


安売りの時に大量に購入しておけば、1本あたりの値段がやすくなって、コスパを下げられます。






「CB缶を下記の場所に入れてひねるだけで、装着可能」


日本製のカセットコンロと同様に、簡単に装着できるので難しいことは一切ありません。


2018032408









「自動点火装置で、つまみをひねるだけで点火OK」


日本製のカセットコンロと同様に、ひねるだけで簡単に点火ができます。             


2018032411










使いにくい所:


ff15bf33-s[1]









「最近の日本のカセットコンロは、ヒートパネルが必ず標準装備されています」



コベアキューブはヒートパネルが装備されていないので、温度が低下している環境で使用すると火力が弱まってしまいます。



ヒートパネルとは

カセットボンベを使用する器具は、時間とともに火力が低下する性質があります。これは燃焼による気化熱の影響でカセットボンベの温度が低下し、ガスの気化が悪化してしまうからです。これを補うためにカセットボンベを適度に温めて器具の火力を維持させるのがヒートパネル。










真冬の外で使用しなければヒートパネルがなくても大丈夫なので、わたし的にはあまり影響がないと思います。






「消費カロリーが低い」


日本製のカセットガスコンロの消費カロリーの多くは2,500kcalに対し、コベアキューブは1,538kcal。


数字を見てもらってもわかるように、コベアキューブの方が1,000kcal程低いのがわかります。




使用してみての感想は、やはり日本製のカセットコンロよりかは、少しだけ火力が弱い気がします。






「我が家は、強火にはしない」


強火にすると燃費が悪くなるので、日本のカセットコンロを使用する時は、つまみを絞って中火にしています。




燃費のことを最優先に考えると、コベアキューブの火力が少しだけ弱い問題も、特に気にならないと思います。


2019032401 (2)









コベアキューブは、送料を入れて5000円程で販売されているので、手軽に購入できるのもコベアキューブの良い所。




















まとめ:


2018032420









おしゃれなカセットガスコンロを探しておられるなら、コベア キューブがおすすめ!シンプルな形なので飽きません。


使いにくい点も少しありますが、総合的にみると良くできたカセットコンロだと思います。




コベア キューブは、コンパクトなコンロで五徳を外せるので、収納しやすいのも良い所。


あまり使っている方が少ないので、人とかぶらないのもおすすめですね!人と違ったガスコンロが欲しいという方は、ぜひコベアキューブを考えてみて下さいね!




以上、「コベアキューブ(KOVEA CUBE)を使い続けて5年!メリットとデメリットを徹底的にブログで紹介」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!