3016061408








「真夏に川遊びを取り入れて、キャンプに行かれる方も多いと思います」


2018072218 (5)









「せっかく川遊びをするんだったら、きれいな方がいい」


生活排水が流れて汚れている川より、きれいな清流の方が川遊びをやりやすいと思います。


c5ee4033.jpg









「清流できれいな川が流れていると、100%と言っていい程、ブヨが発生します」



ブヨは、きれいな川にはつきもので、ブヨ対策しなければ刺されてしまいます。


2016070804









今回は、我が家が気を付けているブヨ対策を、詳しくブログで紹介したいと思います。



きれいな清流でキャンプ予定のある方は、ぜひ参考にして下さいね。







2016071108









お気軽にフォローして下さいね^^
 Instagram 








 
ブヨ対策:


2016070450









「ブヨは、ハエと同じ仲間ですが、ハエよりも小さく2ミリ~5ミリ程度の大きさ」


小さいですが目で確認ができるので、ブヨが近づいてくると、何となく存在がわかります。


FullSizeRender








「ブヨが発生するのは朝と夕方で、朝と夕方はブヨに要注意」



水のきれいな清流には必ずブヨがいて、ブヨの活動時間は気温の下がった夕方と朝。


3019080301 (2)









「ブヨの活動時間は、朝日が昇ってから10時過ぎまでで、夕方は16時過ぎから日没までは、ブヨの発生に要注意」


気温の上がる昼間と日が暮れた夜間は、ブヨはいません。





朝と夕方さえ予防しておくと、ブヨに刺されることはありません。


2016062703









「ブヨは、蚊のように針で刺すのではなく、皮膚を噛み切って吸血をします」



ブヨに吸血されると蚊と違い”チクッ”とした痛みが走って、血がたらっと流れるのでブヨに刺されたということがわかります。




下記のような感じが、ブヨに吸血された後。


23202dd2.jpg









「ブヨに刺されたら、すぐに毒を吸い出して下さい」



ブヨに刺されて、まずやらなければいけないのが、毒を吸い出す作業。




時間が経つと効き目がないので、刺されたらすぐにおこなってください。


FullSizeRender









「清流のきれいな川にキャンプに行かれる場合、必ずポイズンリムーバーを携帯しておくことが大事」


FullSizeRender








「ポイズンリムーバーは傷口にあてて、毒を身体から吸い出すための道具」


1000円程で売っているので、清流のきれいなキャンプ場に行かれる場合、必ず持っていってください。


FullSizeRender



















「毒を吸い取ったら、ステロイド系の軟膏を塗って下さい」


我が家は、ムヒアルファEXを使用しています。




ムヒアルファEXは、ステロイド系の軟膏で、ひとつ持っておくとブヨに刺された時に安心。


FullSizeRender



















「ムヒを塗ったら、バンソウコウ」



ブヨに刺されると、かゆみが出るのでどうしても傷口をかきむしってしまいます。




かきむしってしまうと傷口がひどくなるので、バンソウコウを貼ってかきむしるのを予防します。


FullSizeRender















ブヨ対策:


3019081354 (1)









「ブヨに刺されるのは肌が露出している部分なので、昼間は半袖で過ごしていても、朝夕は長袖や長ズボンを着用して下さい」



長袖長ズボンが最もブヨに刺されないブヨ対策で、それ以上のものはありません。



朝と夕方だけ長袖長ズボンになり、それ以外の時間はブヨに刺されることがないので、半袖半ズボンで過ごされてもいいと思います。




特によく刺されるのが、足首やすねの部分なので、靴下をはくと、よりブヨに刺されにくくなります。



2016031709









「もし、半袖半ズボンの場合、露出している部分全てに、虫よけスプレーやハッカ水を1時間おきに散布するとブヨに効果アップ」



ハッカ水は、ハッカ油・エタノール・精製水で作ることができ薬局で全てそろいますが、面倒だと思われる方は虫よけスプレーで十分。




ブヨが発生する、朝と夕方だけ散布して下さい。



FullSizeRender










虫よけスプレーとパワー森林香:


2020082905 (2)









「虫よけスプレーを購入される場合、効能をよく調べて下さい」



効能でブヨと書かれていたらOKで、最近の虫よけスプレーは大体ブヨに効き目があるのが多いです。




下記のような感じで、裏面のパッケージにブヨと書かれています。


2020082905 (3)





















「蚊取り線香で、唯一ブヨに効き目があるのがパワー森林香」


匂いがけっこう強めですが、ブヨに効果があります。


FullSizeRender









「清流のきれいな川にキャンプに行く時は、我が家は必ず持っていきます」



FullSizeRender






















まとめ:


2016062702









清流で、きれいな川がある場合、確実にブヨが発生します。


ブヨの発生する時間帯は朝と夕方で、その時間帯は特に注意が必要。




ブヨに効く虫よけスプレーやハッカ水で予防はできますが、確実に刺されないということはありません。


朝夕は長袖や長ズボンになることで、ブヨに刺される確率を減らすことができます。




刺された時は、ポイズンリムーバーで毒を吸い取り、ムヒアルファExを塗って対処して下さいね。


清流のキャンプ場に行かれる場合は、ポイズンリムーバーとムヒを持参されることをおすすめします。




ブヨにはよく足首を刺されることが多いので、ブヨ対策には長ズボンに靴下はかなり重要だと思います。


朝と夕方だけ着替えて、ブヨに刺されないように注意をして下さいね。


以上、「キャンプでブヨ対策は絶対これしかない!ブヨに刺されないコツや刺された時の対処法を詳しくブログで紹介」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!