2021020305 (6)









「最近、キャンプや自宅でよく食べているのがステーキ」



ステーキは、霜降りの値段の高い牛肉を購入すれば、当然美味しいのに決まっています。


2020051205 (1)









「今回は、我が家がよくやる方法で、値段の安い外国産のステーキを美味しく食べる方法」



この方法を使うと、外国産の硬そうな牛肉が、柔らかい国産牛肉のようになります。


2021020302 (4)









今回は、我が家がよくする安い外国産のステーキを、美味しく食べる方法を詳しくブログで紹介したいと思います。









2020011652









お気軽にフォローして下さいね^^

Instagram








キャンプでステーキ:


2021020305 (8)









「今回購入したステーキは、外国産の安い牛肉」



見るからに硬そうで、食べるとパサパサして美味しくありません。


2021020302 (4)








①ステーキを炭酸水に、30分漬け込む。


ステーキは炭酸水がつかるまで、しっかりと漬け込んで下さい。




30分炭酸水に漬け込んだら、ステーキの水分をキッチンペーパーでしっかりと取り除きます。



2021020302 (8)

2021020302 (9)

2021020303 (1)









②オピネルナイフで、筋切りをします。


加熱すると、肉が反り返ってしまいます。





肉を筋切りすることで、収縮を抑えることができ、反り返らずにきれいに焼けます。



2021020303 (2)









「キャンプで、超人気のオピネルナイフ 」



オピネルナイフの人気があるのは、見た目の良さとカッコ良さ。 



2020081701 (6)









「グリップが木製というのが、オピネルナイフの特徴」



2020081701 (7)









「オピネルナイフは、2番から12番のサイズがあり、我が家は3種類のオピネルナイフを保有していますが、使いやすいのがオピネルナイフの10番」



2020060401









「9番だと小さく、12番だと大きいので、キャンプで使うには10番がちょうどいい大きさ」



2020081702 (1)









「オピネルナイフのブレードは、ステンレスとカーボンスチール製の2種類があります」



カーボンスチール製は、切れ味はよいですが、メンテナンスがとても大変です。





使用後は水気をきっちり拭き取らないと、すぐに錆てしまいます



FullSizeRender









「我が家も使用しているステンレスは、メンテナンスがゼロ」



切れ味も悪くないので、購入するならステンレスが良いと思います。

    




キャンプで使いやすいのが、我が家も使用している、10番のステンレス製オピネルナイフ 。



2020081701 (6)


























③筋切りしたステーキに、マキシマムを下味に振ります。



マキシマムは、キャンプで使う3大スパイスのひとつで、他にほりにし・黒瀬スパイスがあります。





宮崎県の中村食肉で製造されているマキシマムは、現在は楽天・アマゾン・ヤフーでも販売されています。



2021020303 (4)

2021020303 (5)









 「雑誌やテレビで、取り上げられたこともあり人気が出て、一時期は製造が追い付かず、マキシマムを購入できない時もありました」 

 
現在は、だいぶん落ちついてきています。


2021020303 (3)


























④鉄製のフライパン、タークのフライパンで、ステーキを焼きます。



2021020305 (2)









「我が家は、ステーキを焼くのに、鉄のフライパンを使用しています」



鉄フライパンは熱伝導率に優れており、短時間で均一に火を通します。





鉄フライパンでステーキを焼くと、外はカリっと中はジューシーに仕上げてくれるので、ステーキを焼く時は、鉄フライパンがおすすめ。



2020051202 (2)









「我が家の鉄フライパンは、タークのフライパン」


タークのフライパンは、キャンプで使うフライパンで、圧倒的に人気があります。




タークのフライパンが人気のある理由は、素材の鉄の厚みが分厚く、食材がより美味しく焼けるから。


2020051205 (4)









「見た目がワイルドで、無骨なデザインも人気のある理由です」



2021020301 (2)









「タークのフライパンには、クラッシックとローストの2種類があります」



FullSizeRender









「クラッシックは、ドイツの職人が一つ一つ手作りしており、フライパンが一体型になっているのが特徴」



FullSizeRender









「一体型なので、メンテナンスさえすれば半永久的に使えます」



鉄の厚みは3mmもあるので、熱伝導率がかなり良く、保温性に大変優れています。





一つ一つ手作りされているので、値段設定が高くなっています。



FullSizeRender









「キャンプで使いやすいサイズは、クラシックの28cm」



FullSizeRender


























「ローストは、機械プレスされた大量生産型のフライパン」



大量生産されているので、クラッシックの三分の一の値段で購入できます。



2021020301 (1)









「柄と本体が溶接されているので、一体型のつくりではありませんが、しっかりとしたつくりで長年使用できます」



ローストも同様に、メンテナンスさえすれば、半永久的に使えます。



2021020301 (3)








「鉄の厚みは2mmもあるので、かなり熱伝導率が良く保温性が高いのが特徴」



2020051201 (8)









「ローストは我が家も使っており、いつもキャンプで便利に使用しています」



キャンプで便利に使えるのが、ローストの28cm。


2021020301 (4)

























⑤ステーキを焼く時は、サラダ油やオリーブオイルを使わず、牛脂の国産を使用して下さい。


国産の牛脂を使うことで、外国産のステーキに国産牛の旨味が加わります。


2021020303 (8)

2021020303 (9)

2021020305 (1)









⑥ステーキは好みの具合で焼き、付け合わせに冷凍野菜をフライパンにのせたら完成。


2021020303 (6)

2021020305 (7)









「キッコーマンのステーキソースは、我が家のおすすめのソース」


キッコーマンのステーキしょうゆを、焼いたステーキにかけます。


2021020305 (3)

























「炭酸水を使用したことで肉が柔らかくなり、国産の牛脂の旨味成分で、ステーキが和牛のような出来上がり」


2021020305 (8)









「安い外国産のステーキが美味しくなるので、ぜひ試してみて下さい」


2021020305 (9)









「我が家が使用するカセットコンロ、コベアキューブはオールステンレスで、とても使いやすいです」


2021020301 (5)









「五徳が収納できるので、とてもコンパクト」


2021020302 (2)

2021020302 (3)









「コベアキューブは、今流行りのカセットコンロ」



2021020302 (1)

























まとめ:


2021020305 (8)









今回は、スーパーでよく売っている、値段の安い外国産のステーキを使用しました。

炭酸水&国産牛脂で、外国産の硬そうなステーキが、柔らかい国産ステーキに変身しました。


鉄フライパンのタークフライパンで、より美味しく焼けるので、一度試してみてくださいね。


以上、「キャンプでステーキを超おいしく食べる!我が家のステーキの仕込み方を詳しくブログで紹介」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!