2020082902 (6)








「気温が上がり暑くなってくると虫が発生し、虫の中でも特に厄介なのが蚊」


夏場は、どこのキャンプ場でも、必ず発生します。




蚊の予防や対策として虫よけスプレーをしますが、蚊取り線香との併用が一番の効き目。


2020082905 (2)









「夏場のキャンプは、蚊取り線香が絶対の必需品」



キャンプで蚊取り線香は多くの方が使われていて、蚊を撃退するのにとても効果的。


2020082902 (4)









「蚊取り線香を購入すると、簡単な蚊取り線香立てがついてきます」


付属されている蚊取り線香立てはおしゃれ感がなく、使い勝手もよくはありません。




テントやタープを張る時に使うペグ1本で、蚊取り線香立てになります。


2020082901 (9)









今回は簡単手軽にでき、見た目がかっこいい鍛造ペグでする、蚊取り線香のやり方を詳しくブログで紹介したいと思います。


鍛造ペグで蚊取り線香立ては、手軽にできるので絶対におすすめです。








2016071108







お気軽にフォローして下さいね^^
 Instagram 







蚊取り線香立て:


2020082901 (7)









「蚊に気を付ける時間帯は、朝・夕方・夜」



夏場、蚊が活発になるのは朝・夕方・夜の間で、気温の高い昼間は蚊の活動が鈍っていて、見かけなくなります。


IMG_6073










「蚊に最も刺されやすいのが足首」



最も蚊に刺されやすいのが足首で、足首の近くに蚊取り線香を置くと蚊に刺されにくくなり効果的。




足首の近くに取り線香を置くと、効果が絶大です。


2020082903 (2)






「蚊取り線香は、1人1個を足首の近くに置いておくと、蚊に刺されにくくなります」



ペグを蚊取り線香立てにするなら4人家族の場合、鍛造ペグが4本あれば蚊取り線香立てにできます



2020082902 (5)



 
 





ペグで蚊取り線香立て:


2020082901 (2)









「使用するペグは、スノーピークのペグ(ソリステ)かエリッゼステーク(エリステ)が必要」


ペグと蚊取り線香があれば、簡単にできるので絶対におすすめ。


2020082901 (3)









「蚊取り線香の中心に、ハンマーでペグを打ってペグダウンします」


ペグを強く打ちすぎると、蚊取線香の中心が割れる場合があるので、ゆっくりとペグ打ちをして下さい。


2020082901 (6)









「ペグを打ち込んだら、蚊取り線香の中心を回し上げます」


あまり力を入れ過ぎると割れる可能性があるので、ゆっくりと回して下さい。


2020082901 (7)









「回し上げていくと固定ができて、蚊取り線香が落ちなくなったら完成」


2020082901 (9)










簡単なやり方:


2020082902 (6)









ペグを地面に打ち込み、ペグが倒れないようにします」


2018072930









「蚊取り線香を、ペグの穴に通して下さい」


2018072932

2018072931









「穴に蚊取り線香を入れたら、火をつけます」



2018072936









「蚊取り線香に火をつけたら、蚊取り線香立てのできあがり」



2018072938









「我が家は、この2種類のやり方でペグを使った蚊取り線香立てをつくっています」



2020082902 (5)









「ペグを使用しているので、簡単に蚊取り線香を増やせるのが良い所」



使うのは、ペグ・蚊取り線香・ハンマーだけなので、とても簡単。


2016080907









「定番の蚊取り線香の匂いがあまり好きではない方は、我が家が使っているアース蚊取り線香のアロマがおすすめ」



アース蚊取り線香アロマは、ラベンダー・カモミール・バラの3種類の詰め合わせになっています。




3種類全部好きな匂いですが、我が家が得に気に入っているのがラベンダです。


image

























「ペグを代わりに使うと蚊取り線香をたくさん増やせるので、とても便利」


ペグは、我が家も使用するスノーピークのソリステ30か、村の鍛冶屋のエリステ28がおすすめ。



2020082901 (2)
















まとめ:


2020082902 (4)









ペグは、スノーピークのペグ(ソリステ)か、エリッゼステーク(エリステ)などの頑丈ペグが必要。




1人1個の蚊取り線香を用意して、足の下に置いておくと、蚊に刺される確率が減ります。


特に朝・夕方・夜に蚊が活発になるので、虫よけスプレーと併用して、蚊取り線香の対策が必要になります。


以上、「キャンプで蚊取り線香を使うにはペグがあったらいい!スタンドやホルダーの代わりになります」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!